守屋茜に彼氏の噂は?ジャニーズオタクなの?セクシー女優との関係って?【欅坂46】

美貌が素晴らしいということで何かと勘違いされることが多いのが守屋茜(もりや あかね)ちゃんです。

学生時代誰と付き合っていたとか、セクシー女優との関係があるとか、あることないことが出てくるものです。

今回は真偽が定かではないちょっとディープな話を掘り下げます。

<目次>

  1. 守屋茜ちゃんのプロフィール
  2. 守屋茜ちゃんに彼氏の噂は?ジャニーズオタクなの?
  3. 守屋茜ちゃんとセクシー女優の関係は?
  4. 守屋茜ちゃんに元カレがいる?好きなタイプは?
  5. 守屋茜ちゃんのまとめ

スポンサーリンク

守屋茜ちゃんのプロフィール

出典:http://imgcc.naver.jp

欅坂46 守屋茜ちゃんのプロフィールはこちらです!

守屋茜のプロフィール

名前:守屋 茜(もりや あかね )
生年月日:1997年11月12日生まれ
出身地:宮城県出身
血液型:A型
身長:164cm
所属グループ:欅坂46

守屋茜ちゃんが勘違いされるのは、本当は人を怒らないのに軍曹というあだ名がつくほど根性キャラになっている点など、意外に多いです。

あれだけ運動神経がいいのにダンスは苦手これだけ優しいのに実際に人との距離を詰めるのは得意じゃないなど、何かチグハグな部分を感じさせます。

ちょっと活動をしていく中でこれだけのギャップがあるのですから、プライベートのことを含めば当然勘違いされやすくなるかもしれません。

単に不器用なだけで、実際は素直な女の子です。

守屋茜ちゃんの両親や特技に関してはこちらの記事をご覧ください!↓↓↓

守屋茜の実家はお金持ちでお嬢様!父親の仕事は?特技が釣りってホント?【欅坂46】

守屋茜ちゃんに彼氏の噂は?ジャニーズオタクなの?

守屋茜ちゃんに彼氏の噂があるかどうかですが、スキャンダル報道もないことから、表向きには彼氏はいない状況と言えます。

しかし、実は守屋茜ちゃんはジャニーズオタクで、とあるジャニーズのメンバーの発言とブログでの発信の内容をリンクさせているのではないかという噂が浮上しています。

そのジャニーズメンバーはHey! Say! JUMPの伊野尾慧さんです。

伊野尾さんのテレビでの発言を守屋茜ちゃんのブログで発信していたり、伊野尾さんが撮影したポイントで守屋茜ちゃんも撮影をしていたのではないかと噂になりました。

噂自体は別に何の問題もありませんが、偶然では少し片づけにくいことも出てくるなど、もう少し何とかしてほしいところです。

ジャニーズ好きでもいいですが、そういうのを前面に出しているアイドルはほとんどいないはずです。

スポンサーリンク

守屋茜ちゃんとセクシー女優の関係は?

伊野尾慧さんが好きなことを匂わせる投稿というものが話題になりましたが、同じようなことが別の人を対象に行われていました。

守屋茜ちゃんがセクシー女優を憧れている証拠はこれだ!

守屋茜ちゃんは憧れの人を携帯の待ち受けにしているそうですが、実際にそれを描いた姿がセクシー女優でおなじみの明日花キララさんだったことが明らかになっています。

水着が酷似しており、どう見ても明日花キララさんの姿です。明日花キララさんは水着のプロデュースをしていてその姿と似ています。

しかも、守屋茜ちゃんはこれをグリーティングカードに書いており、そのことに関してファンが懸念を示すなど、ちょっとした騒ぎになっていました。

セクシー女優に憧れるアイドルの気持ちは分からなくもないですが、今までにそんなアイドルがいたことをあまり聞いたことがないです。

守屋茜ちゃんに元カレがいる?好きなタイプは?

まずはこちらの写真をご覧ください。

出典:http://imgcc.naver.jp

おそらく高校時代の写真ではないかとされています。文化祭か体育祭か、そんな時の1コマかもしれませんが、これが流出したのは欅坂46結成直後とされています。

彼氏ではなく、あくまでも同級生ということのようですが、楽しそうで何よりです。

守屋茜ちゃん曰く彼氏などは作らなかったそうです。この時にはもうオーディションなどを受けており、アイドルを目指して学生時代は意識して彼氏を作らなかったとか。

それでいてリアルを充実させるリア充ぶりを見せつけているわけですが、勘違いされても不思議ではありません。ただ、何となく本当のように感じるのが不思議です。

スポンサーリンク

守屋茜ちゃんのまとめ

出典:http://imgcc.naver.jp

真偽が定かではないものがいくつかありましたが、明らかに弁明しきれないものから少しは信じてあげたいものまで色々です。

2018年2月にジャニーズオタクの件や明日花キララさんの件が出て、それから少しファンからの目が厳しくなった印象があります。

決定的なスキャンダルではないものの、細かなミスで取りこぼすような感覚といえばいいでしょうか。

それでも、不協和音のパフォーマンスは良かったとか、今の「あかねん」のままでいいなど好意的な見方をする人も同じようにいます。

後悔をしない活動を守屋茜ちゃんにはしてほしいものです。

関連コンテンツ

関連コンテンツ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする