坂道シリーズ

日向坂46は舞台を重ねて成長!これまでの演目は?ソロ出演が増える?

改名してから3ヶ月が経過する日向坂462019年はまさに激動の年となり、憧れだった番組にいくつも出る日向坂46の姿が見られました。

 

そんな日向坂46も1年前は舞台で大忙し。「あゆみ」や「マギアレコード」、「ザンビ」など複数の舞台に出ていましたが、これら1つ1つの舞台がメンバーを大きく成長させます。

 

2019年9月からは東京明治座で舞台「サザエさん」に齊藤京子ちゃんがワカメ役で出演するなど、ソロの舞台活動もどんどん増えてきています。

 

今回は日向坂46の舞台について、どんどん掘り下げていきます。

 

日向坂46の初舞台は「あゆみ」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

2018年4月から5月にかけて、当時のけやき坂46の初の舞台となる「あゆみ」が上演され、メンバー全員が2つのグループに分かれ出演しました。

 

「あゆみ」は通常の舞台とは違い、一度舞台上に立てば終わりまでずっと居続ける他、1人で何役もこなし、1人の女性の成長を10人が様々な役になって演じるというものです。

 

チームハーモニカ、チームカスタネットに分かれ、チームハーモニカでは2期生の渡邉美穂ちゃん、チームカスタネットでは佐々木美玲ちゃんがチームを引っ張りました。

 

主役が居れば端役がいる、それが舞台ですが、「あゆみ」はみんなが主役であり、必ず見せ場がありました。「あゆみ」を通じて演じることの面白さに目覚めたメンバーは多かったようです。

日向坂46内で競争があった舞台「マギアレコード」「ザンビ」

出典:http://livedoor.blogimg.jp

次の舞台は「マギアレコード」。今度は当時のけやき坂46の中でオーディションが行われ、10人が選出され、それぞれ2グループに分けて演じました。

 

魔法少女まどかマギカはファンが大変多く、舞台化が発表された時には原作ファンを中心に、不評の雨嵐となりましたが、舞台が始まるとその声は消え、賞賛の声が高まります。

 

結果的に「マギアレコード」でけやき坂46を知り、ひらがな推しなどを見るようになった人も出てくるなど、舞台は大成功に終わります。

 

出典:http://livedoor.blogimg.jp

その次の「ザンビ」は乃木坂46、欅坂46のメンバーと一緒に行われた舞台で、ここで満を持してエースの小坂菜緒ちゃんが登場します。

 

「ザンビ」は続編も行われ、「マギアレコード」に出ていなかった松田好花ちゃんや佐々木久美ちゃんなども出演しました。

 

「ザンビ」は現在様々なメディアのコンテンツとして登場していますが、舞台という面では欅坂46のメンバーより経験値があったこともあり、おおむね好評でした。

ソロで舞台に出演する日向坂46メンバー

出典:https://www.keyakizaka46news.com

2019年9月から東京明治座、福岡博多座で舞台「サザエさん」が上演され、ワカメ役に齊藤京子ちゃんが抜擢され、乃木坂46の秋元真夏ちゃんとのWキャストとなります。

 

主演のサザエ役には藤原紀香さん、マスオ役に原田龍二さん、波平役に松平健さんが務めるなど、異色の舞台として大きな注目を集めていました。

 

原作から10年後の舞台設定で、専門学校に通うワカメを齊藤京子ちゃんが演じます。どんな演技となるのか、非常に注目です。

 

出典:http://livedoor.blogimg.jp

ソロ出演では、松田好花ちゃんが手塚治虫さん原作の舞台「七色いんこ」でヒロイン役を務め、舞台を見た手塚治虫さんの娘である、るみ子さんがベストアクトと絶賛

 

松田好花ちゃんは、キン肉マンの企画でも一生懸命勉強し、結果的に単独でキン肉マンの仕事が舞い込むなど、何事にもひたむき。その姿勢が完全にいい方向に出た形です。

日向坂46全体でまた舞台をやる?

「あゆみ」、「マギアレコード」、「ザンビ」などそれぞれの舞台でメンバーが大きく成長し、自信をつけて演技力やスキルを高めていきました。

 

乃木坂46では定期的に舞台を行っているため、日向坂46でも舞台の仕事がまたあるのではないか、多くのファンが期待しています。

 

「あゆみ」や「マギアレコード」の続編を期待する声や新たな挑戦的な舞台など、日向坂46ならできそうなちょっと難しめの舞台を期待する声もあります。

 

日向坂で会いましょうでは、「あゆみ」で井口眞緒ちゃんの一風変わった演技にオードリーの2人が強い関心を持ちましたが、そのような舞台がまたあることを願いたいです。

日向坂46の舞台のまとめ

乃木坂46では、舞台にたくさん出るメンバーやミュージカルに挑戦するメンバーなど、イキイキと舞台仕事に取り組むメンバーが多いです。

 

日向坂46も同じ路線で行くことで、それぞれの道でメンバーが光り輝き、それぞれで成長を見せていくことができるのではないでしょうか。

 

「サザエさん」のような誰もが見たくなる舞台に日向坂46のメンバーが出る、これだけで今までやってきたことは正しかった、そう思わせるニュースだと感じます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。