坂道シリーズ

日向坂46はお笑い芸人の卵ばかり?変顔やモノマネ、トークがヤバイ!

MTVの「MTV Video Music Awards Japan」で最優秀振付け賞を受賞するなど、デビュー以来高い評価を受け続ける日向坂46

 

アイドルとして申し分ない活躍を見せている日向坂46ですが、お笑いに関するスキルが高いとされ、冠番組ではお笑いに挑戦する機会が増えています。

 

アイドルならではの変顔はもちろん、モノマネやエピソードトークなど、そこまでやらなくていいだろうと言いたくなるようなことにまで挑戦している日向坂46。

 

これまでにどのようなことに挑戦し、今後どんなことにチャレンジしてほしいのかをまとめつつ、日向坂46のお笑いについてまとめました。

 

日向坂46の飽くなきお笑い精神はいつから?

出典:https://livedoor.blogimg.jp/

「欅って、書けない?」や「ひらがな推し」での初回などを見る限り、とてもお笑い精神にあふれているグループだったとは思えない、日向坂46。

 

ひらがな推しで定番のアイドル企画をやっていく中、その年の夏ぐらいから、写真で一言などの大喜利企画を放送するようになり、お笑いの精神が段々と出始めます。

 

日向坂46になってからはより一層その気持ちが強くなったことや、オードリーとの関係性がさらに深まったことで、どんなことにチャレンジしても大丈夫という雰囲気に。

 

「お笑いをなめるな」と言いたがる某けやかけMCとは違い、悪ふざけのギリギリを狙ったような笑いでも成立させていくオードリーとの相性は抜群です。

 

HINABINGO2では、吉本新喜劇の座長でもある小籔千豊さんにトークなどを教わっており、NSCの生徒であってもタメになるようなダメ出しが連発。

 

それだけ真剣に取り組んでいるからこそであり、指摘すればするほど成長していく姿は、若い人よりおじさんが好きになるアイドルのように感じます。

日向坂46のお笑いで、一番面白いのは誰?

トークやモノマネなど様々なお笑いに挑戦している日向坂46ですが、誰が一番面白いのかというのは、非常に難しい質問です。

 

井口眞緒ちゃんを思い浮かべる人は多いでしょうが、計算で狙いに行くという感じではなく、必死に伝えようとするあまり、笑いになってるという印象です。

 

もちろんめちゃくちゃ面白いですが、安定感という意味ではまだまだで、三振かホームランか、そこの魅力に秘めたアイドルではないでしょうか。

 

富田鈴花ちゃんは、トークもモノマネもそれなりにできるアイドルですが、先日のHINABINGO2では、小籔さんから痛烈なダメ出しを受けます。

 

要は、守りに入っている、置きに行ってるということ。自分が面白いと思ったものをぶつければいいし、アイドルはスベっていいというアドバイスでした。

 

自信がない、ビビリであると見抜いたことに、メンバーからバレてたんだという声が漏れるほど。ちなみに、ニブモネアでは、収録の後先は分からないものの、全力でやっていたように感じました。

 

加藤史帆ちゃんや佐々木久美ちゃんは、メンバーがやったボケをかぶせに行き、大きな笑いに持っていく傾向にあります。

 

こう見ると、1人が突出して面白いというより、誰かヒットしたらそこにみんなで仕掛けていくようなそんな印象を受けます。

 

出典:http://livedoor.blogimg.jp

ただ、上村ひなのちゃんの笑いは誰にもマネできない独特なもので、あの小籔さんにもそのセンスを認められています。なので、日向坂46で一番面白いのは上村ひなのちゃんかもしれません。

日向坂46のお笑いには上品さがある?

アイドルグループがお笑いに挑戦することは、別に珍しいことではなく、R-1ぐらんぷりやM-1グランプリにアイドルが挑戦するケースは幾度もあります。

 

番組でもHKT48がお笑いに挑戦する、NMB48がコメディに挑戦するなど様々やっていますが、日向坂46の場合は、上品さがあるため、下品さを感じさせません。

 

HKT48では下ネタが多く、正直言えば品がなく、下品さを感じさせる笑いで、それはNMB48も大差がない状態。

 

その点、日向坂46はあまり下品さを感じさせず、むしろ下ネタを嫌ってるような感じがして、安心してみていられるという部分があります。

 

もちろん、アイドルを絶対に忘れているでしょと言いたくなるような変顔の破壊力があるのは事実で、後先を考えないのも日向坂46のいいところでしょう。

 

日向坂46には上品さがある、その中で笑いをとっていくという姿勢は、他のアイドルグループも見習うべき部分かもしれません。

日向坂46が今後目指すべきお笑いの道とは?

日向坂46が今後目指すべきお笑いの道、少なくとも漫才などではなく、コントなど即興性のあるものがいいように感じます。

 

2期生を中心に寸劇が好きで、何かを演じることに対する貪欲さは、コントをやる上でプラスであり、プロの指導を受けるべき部分です。

 

いずれは卒業する以上、1人で頑張っていくスキルは磨かなければならず、団体芸はやりつつ、個を磨く時代に入っていくかもしれません。

 

小坂菜緒ちゃんのように、すでにセンターとして十二分な活躍を見せながら、トークスキルが足りないとスキルを磨こうとする姿勢はさすがです。

 

日向坂46のいいところは、たとえお笑いが苦手であっても何とか挑戦しようとするその姿勢にあり、どの分野でも誰かが輝けるようになっています。

 

漫才や大喜利などでも誰かが特殊な才能を発揮するかもしれず、そう思わせてくれる日向坂46は、伸びしろばかりのグループであると言えます。

 

もちろん、アイドルとして求められていること、正統派的なことをしっかりこなして、それでいてお笑いにもチャレンジするというのが素晴らしいです。

 

HKT48やNMB48のように、お笑いには積極的でも、正統派なアイドル的なことは苦手というのでは、お笑いをやる意味があまりないように感じます。

 

健気さを表現するために、特に求められてもいないお笑いをやって、そのギャップに萌えてもらうことが重要であり、日向坂46はそれを体現しています。

日向坂46のお笑いのまとめ

出典:https://livedoor.blogimg.jp/

アイドルがお笑いをする必要がない、そう思われる方が多いでしょうが、実はとても大事なスキルを秘めています。

 

やっぱり度胸がないとできませんし、自信を持ってやらないとウケません。声も出なければ届かず、当然のことながらセンスも問われます。

 

人の心に突き刺さるからこそ笑ってもらえる、お笑いは単に笑わせるのではなく、その人のポテンシャルを最大限に発揮して得られるものです。

 

純粋にそれができるのは学生まで、プロは苦悩に苦悩を重ねて絞り出す、それがお笑いです。それにチャレンジすることは、日向坂46にとってかなり有意義なことでしょう。

 

普通の女の子がお笑いに挑戦することは大変で、決して誰でもできるわけではないので、某けやかけMCのように、お笑いをなめるなと言いたくなる気持ちもよくわかります。

 

上村ひなのちゃんがどこまで化けるのか、それもとても楽しみですが、少なくとも日向坂46のお笑いは、いつ見ても面白く、応援したくなります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。