坂道シリーズ

井口眞緒がついに芸能界引退で、私OLになります発言は炎上騒ぎ【日向坂46】

『キュン』を皮切りに『ドレミソラシド』など、リズミカルでかつ浸透しやすいアイドルソングをリリースし、スマッシュヒットを記録。これまでひらがなけやきとして活動していたが2019年3月より、『日向坂46』として独立しデビューした新・坂道グループ。独自な路線とハッピーオーラで話題となり一気に話題となったアイドルグループが日向坂46

元は欅坂46の妹分としてのグループとして位置していた訳であるが、特筆すべきであるのが欅坂46とは一線を画していること。

欅坂46のCOOLさとは逆に、日向坂46はかわいいやキュート、ハッピーといった温かい気持ちになる楽曲も多く存在する。

そんな中のメンバーで、年上お姉さんメンバーである井口眞緒

本記事では、日向坂46の面白お姉さんキャラであった『井口眞緒』についてこれまでの炎上経緯、そして私OLになります発言についての心のうちを綴っていきたいと思う、日向坂46井口眞緒がこれからどのような未来に進んでいくのだろうか。
そして今後の井口眞緒のキャラを引継ぎそうな人物も語っていこうと思う。

日向坂46を卒業をする井口眞緒の今

井口眞緒のプロフィールはこちらです!

「井口眞緒」の画像検索結果

出展:https://thetv.jp/

名前:井口 眞緒(イグチ マオ)

生年月日:1995年11月10日生まれ(24歳)
出身地:新潟県出身
血液型:AB型
身長:163cm
所属グループ:日向坂46
ニックネーム:まおちゃん

井口眞緒はどのような人物かを知る人ならきっと彼女の個性溢れるユーモラスなキャラクターを思い浮かべるであろう。メンバーからは、実はお姉さんにしたいや、相談をお願いされるメンバーとしても日向坂46内の、癒し系的(?)なメンバーであるともいえると思っている彼女。

そんな井口眞緒が先日卒業発表を行った。

この理由というのが、所謂スキャンダルである。内容としては井口眞緒がイケメンと思われるモデル男性と腕を絡めての大胆ショットをすっぱ抜かれてしまった事である。この写真については背後からなので審議が当初はされていたのだ。

しかし井口眞緒は責任から自らこの写真は自分である事を告白した。本来であればこのようにアイドルがスキャンダルですっぱ抜かれた際には、大きく分けて2パターンの在り方が存在する。

一つはスキャンダルについては謝罪はなしで、そのまま休業を余儀なくされ、その後進退を決めるパターン。

もう一つはスキャンルダルを認め謝罪し、最終的にはグループを去る選択。

今回メンバー内のお姉さん的存在であった井口眞緒は残念ながら卒業を選択、芸能界を引退する流れとなり、ファンも動揺を隠しきれないようである。

しかしメンバーからのブログを読んでいると、井口眞緒が卒業を決めるまで、大きな悩みに直面していた事を感じた。
またこれをアイドルの闇とも言うのかもわからないが、この後に書いていく内容で、井口眞緒が当初は活動を再開すると公表するも、引退を決めた事にも大きく関係する。

日向坂46の中でも、面白い・ユーモラスキャラとあった井口眞緒については、
完全にビジュアルキャラ路線ではなく、日向坂のムードメーカーというのが正しい表現であろう。

これまで日向坂46の看板番組『日向坂で会いましょう』通称ひなあいでは、オードリーの若林と春日に散々に弄られてきた。

1.トークは超がつく天然。とにかくよくしゃべるが内容も面白い。
2.ダンスはとんでもなく下手で、もはやじられても仕方ないほどではあるにも関わらず、ひたむきに頑張る努力家。
3.日向坂46にはバラエティーに特化したキャラが多いが、他にない笑いの空気感を持っている。

そんな井口眞緒であっただけに、誰もが恋愛スキャンダルで今のような状況に陥るとは想像もしていなかったというのが正直なところだ。

この件で謹慎期間として暫く活動を自粛し、戻る期間も決められていたのだがこれを撤回する形で卒業という事で発表になった。現状の裏にはモチベーションが保てなくなってしまったという事情がある。

それにスキャンダルを起こしたメンバーへの想いというのはやはり簡単なもので処理できないメンバーもいる。これを直に感じ取ってしまった井口眞緒は、自分の居場所を失ってしまったと考えるのが正しい。

ただそんなメンバーばかりではなく、井口眞緒メンタルケアを行っていたメンバーもいた事を忘れてはならない。
頑張ろうと想いながらの苦渋の決断であったからこそ、ここまで引き延ばしでの公表結果になってしまったのだ。

必ずしも、恋愛スキャンダルでアイドルに戻らず卒業や休業をする訳でもないメンバーも乃木坂46の松村沙友里等を例にすると存在はする。

しかし戻ってきてからの努力それこそ想像もする事は、我々にはできないと思う。

日向坂46井口眞緒は以前から噂

以前から実は噂があったと言われている井口眞緒は、2018年頃から、所謂六本木系の飲み会系男子。いわゆるパリピのような男性との影があったとか。

そんな男性であるからこそ井口眞緒はかなり振り回されていた事も週刊誌には書かれている。
内容としても辛辣なものであった事は、言うまでもないだろう。

井口さんはかなり束縛が激しく、自分が電話をしたときに相手が電話に出ないと、鬼のように何回も電話をかけ続ける。男性のケータイには100件を超える不在着信が残っていたこともあったそうです。

出展元:https://bunshun.jp/

読み進めていくと、なんだか少し気の毒になる井口ではあるが、職業がアイドルである以上はこれも宿命である。

夢を与える仕事なのだから、その意識を大切に考える必要もあったのではないだろうか。ただしかし、井口眞緒のメンタルはかなりナイーブであったのかなと今になって思う節もある。

日向坂46の井口眞緒への苦情で卒コンどうなる?

日向坂46卒業する事を井口眞緒はブログで改めてこれを発表、最後の挨拶として書いたようだ。そこに書かれていたのは卒業にあたっての言葉であったが、驚くべきは芸能界も引退する旨も書かれていた。

井口眞緒はダンススキルやキャラを考えると芸能界での今後を考えるより、真面目に社会的企業へ就く事が懸命と言えるし、選択肢としては井口眞緒が冷静に自身の先を見据えた結果なのだと感じる。

色々な周囲の意見はあったと思うが、周囲の応援もあり、井口眞緒は「企業で働こうと思っている」と答えをだしたのだと思う。

ただこれについて、Twitter上では荒れに荒れ、辛辣なコメントが多々見受けられました。まぁこれについては仕方ないにしろ社会を舐めるな、ルールを守れない人間が企業の中で働ける訳がない等々。世間の意見はおひさま(日向坂46のファンの呼称)の意見以上に厳しいのだ。

卒業後は、企業で働こうと思っています。その中で、あれもやりたい、これもやりたいと色々考えています。

みんなのことが大好きな気持ちに嘘はありませんでした。
みんなのことが今でも大好きだし、一緒に過ごした思い出は一生の宝物です。
本当にありがとうございました。

出展元:https://www.hinatazaka46.com/

井口眞緒卒業は発表されたものの、卒コンについての発表は未だに無い。これまでに卒業コンサートとは、祝福されたアイドルの最後の行事として行われてきた。
その為、スキャンダル等で卒コンを行わないメンバーは坂道グループにも数多くいる。

少し認識が甘かった部分があるが、井口眞緒日向坂46を1期から支えてきた重要なメンバーでもある為、卒コンは必須要件であるとは考えている。

ただそもそも、井口眞緒本人がもう卒コンを求めているとは正直思えない部分もある為、最後のひなあいで、正式に挨拶をして卒業するという形式になるのではないだろうか。

芸能界に戻らない事を決めた、井口眞緒が最後にどのような言葉でアイドルを締めくくるのか、ファンを思う気持ちが残っているのであればその最後の言葉に込められた想いをしかと聞いておきたい。

アイドルになった事で価値観や考え方が変えられたと書いていた井口。本人の口から最後にどのようなコメントを聞けるのだろうか。

日向坂46 【井口眞緒がついに芸能界引退で、私OLになります発言は炎上騒ぎ】のまとめ

さて最後になりましたが、日向坂46井口眞緒卒業する事を決めた背景には、彼女の真面目さの一端を感じます。ファンやメンバーに対する裏切りであると井口自身で考えてしまった結果の結論。

男を作るから不真面目だという考え方は少し違う気がしますので、そこに言及はしませんが職業である以上は少し話が違うかなと思います。

ただ井口眞緒が頑張りながらアイドルをやり続けるには心のキャパシティの限界もあったのかもしれません。そこの心の隙間に、どうしても男性に甘えないと心が持たなかったのかもしれない。

最後まで誠実であろうとしたその心だけは評価できるものかと思う。彼女の決断は最後まで彼女らしさを感じた、恐らく4月までには何らかの形で最後のコメントが聞けるのではないかと予測している。

これから日向坂46はドームツアーの開催や、ひなクリ等沢山のイベントが目白押しである。

今後の日向坂46と井口眞緒にエールを送りたいと思う。

ABOUT ME
坂道
坂道シリーズ専任。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。