けやき坂46

欅坂46今年の全国ツアー2019の会場は?過去のライブでの事件や出来事まとめ

8月から9月にかけて全国ツアーが開催される欅坂46。今年は4会場で10公演を予定していますが、それでもファンは熾烈な抽選争いに勝たなければ見に行けません。

 

そんな全国ツアーも2017年から3年連続開催になりますが、ここまでに様々な出来事が発生するなど、順風満帆とはいきません。

 

また、日向坂46の全国ツアーの可能性やけやき坂46時代のエピソードなどもここで紹介していきます。

 

今年の全国ツアーは果たしてどうなるか、欅坂46の全国ツアーに絞って掘り下げていきます。

 

欅坂46夏の全国アリーナツアー2019について

出典:http://livedoor.blogimg.jp

欅坂46夏の全国アリーナツアー2019は8月16日~18日宮城のゼビオアリーナ仙台からスタートし、中3日で横浜アリーナ、また中3日で大阪城ホールでそれぞれ2daysの開催が。

 

その後、中6日、9月4日~6日、福岡国際センターで千秋楽を迎え、4会場10公演のツアーが開催されます。

 

去年までと違うのは会場数と公演の減少で、新潟や兵庫、千葉での開催がなくなり、2年ぶりに宮城での開催が行われます。

 

値段は去年と変わらず、指定席が税込み7800円、親子席も税込み7800円となっていますが、今年もかなりのチケット争奪戦が展開されそうです。

大混乱だった欅坂46全国アリーナツアー2017

この年に発売されたアルバム「真っ白なものは汚したくなる」を引っさげて6会場11公演が開催されました。

 

しかし、ツアーの初日となった8月2日、センターの平手友梨奈ちゃんがライブのMC中、突然舞台上から姿を消し、直後のサイレントマジョリティーにも登場しない出来事が起こります。

 

明らかな異常事態に観客も騒然、メンバーは号泣と大波乱の中、初日を終え、その翌日も平手友梨奈ちゃんは強行出演するも途中で退場することに。

 

平手友梨奈なしの公演が出てくる中、今後の方向性をメンバー全員で話し合う事態になるなど、初の全国ツアーは最後まで混乱状態

 

21人の向いている方向性がバラバラだったという衝撃的な状況が発覚し、いかに同じ方向を向くか、話し合いが重ねられていきます。

 

それでも残されたメンバーたちは平手友梨奈ちゃんのポジションを空けながらパフォーマンスを行うなど、精一杯頑張り通します。

ツアー千秋楽直前のサプライズ

8月29日、30日と行われた幕張メッセでのツアー公演。29日は数ヶ月間活動をお休みしていた今泉佑唯ちゃんが復帰を果たし、ソロ曲「夏の花は向日葵だけじゃない」を披露します。

 

体調不良での活動休止ということで欅坂46のファンは不安でいっぱいでしたが、見事に復活し、感動的な曲を披露したことで涙を流すファンもいたようです。

 

また30日には、ツアーで初めて平手友梨奈ちゃんのソロ曲「自分の棺」がダブルアンコールで披露され、大波乱続きのツアーの最後を締めくくります。

加藤史帆最強伝説はここから始まった

出典:http://livedoor.blogimg.jp

日向坂46の加藤史帆ちゃんはとにかくケガをしないことで有名。8月30日、当時のけやき坂46も参加したツアー最終日に事件を起こします。

 

けやき坂46の楽曲「永遠の白線」でなんとステージから落下、2メートル程あるステージから転落したことで心配の声が上がる中、何事もなかったように復帰。

 

その後のMCで飛び出した、「最強だからケガしてない」は加藤史帆という人物を見る上で重要なキーワードになっていきます。

満身創痍の欅坂46夏の全国アリーナツアー2018

この年の8月15日に発売されたアンビバレント、昨年のツアー後に発売された風に吹かれてもやガラスを割れ!などを披露した欅坂46。

 

しかし、この年も早々に波乱があり、ツアー開催の直前に今泉佑唯ちゃんが、グループでは3年ぶりとなる卒業発表を行い、ツアーに不参加という事態に。

 

2018年は原田葵ちゃんや志田愛佳ちゃんも休養を発表、元々不参加のけやき坂46を除き、1人1人のプレッシャーがかなり強まります。

 

その結果、満身創痍で臨むメンバーが出始め、佐藤詩織ちゃんが脚の痛みを押して参加するなど、傷だらけの状態でツアーが進行。

 

新潟で行われたツアー公演では、当時休養中の志田愛佳ちゃんが見に来ており、この時には何かしらのことを決めていたのかもしれません。

ツアー最終日に悲劇が…

平手友梨奈ちゃんも満身創痍で、途中、楽曲が削られる公演もあった中、なんとか走りぬこうとした2018年9月5日、幕張メッセでの千秋楽に悲劇が起こります。

 

ガラスを割れ!を披露した直後、平手友梨奈ちゃんがステージから転落し、救急車で病院に運ばれてしまい、その間、それぞれのメンバーがセンターを代行することに。

 

前年、突然舞台上から消えたことで、号泣するメンバーもいた中、この時はみんな一生懸命パフォーマンスを行い、穴を必死で埋める姿が見られます。

 

その後、平手友梨奈ちゃんはダブルアンコールで復帰し、その姿にメンバーは号泣。最後はなんとか全員で締めることができました。

日向坂46も夏の全国ツアーは行われるか

出典:http://livedoor.blogimg.jp

けやき坂46時代、2017年と2018年、それぞれツアーを行った日向坂46。2017年のこのツアーでも当時のけやき坂46は試練を味わいます。

 

元々の経験不足やスキルの問題、モチベーションの維持など色々とやるべきことを抱えている中、長濱ねるちゃんの兼任解除が決定します。

 

長濱ねるとゆかいな仲間たち状態だったところ、その長濱ねるちゃんが抜けて、ゆかいな仲間たちだけでのツアー。この年の年末に2期生がお披露目されます。

 

2018年になるとアルバム「走り出す瞬間」の東名阪ツアーが開催され、この時にはハッピーオーラ全開で元気いっぱいに頑張る姿が見られます。

 

気になるのは2019年、日向坂46は全国ツアーをするのかですが、その可能性は十分にあり、期待してよさそう。

 

日向坂46としてまだツアーをしていないことや横浜アリーナでのライブで高い評価を集めたこと、知名度が段々と上がってきたこともその要因です。

 

柿崎芽実ちゃんの卒業、濱岸ひよりちゃんの休業はなんとも残念ですが、次のステップに向けて飛躍するために今なんとかしなくてはならない時期とも言えます。

 

日向坂46のために遠征を行う、そんなことを筆者もしてみたいと心の底から願っております。

まとめ

出典:http://livedoor.blogimg.jp

2017年、2018年と波乱ばかりが起きた欅坂46、けやき坂46の全国ツアーですが、2019年こそはトラブルなく、全員無事に完走してほしいものです。

 

年々パフォーマンスのレベルが上がり、単なるアイドルグループの公演ではなく、パフォーマンス要素が強めのものになっており、アイドルファン以外の注目も集まっています。

 

日向坂46に関しては、王道のアイドルグループを歩んでほしいですが、色々とサプライズがありそうです。新メンバーオーディションなど、あってもおかしくなさそう。

 

まずはメンバーが楽しくツアーに取り組めることを願わずにはいられませんし、悲しいサプライズはなしでお願いしたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。