坂道シリーズ

松岡愛美がまさかの脱退で芸能界デビューも白紙?芸能界の闇

坂道研修生』とは、坂道グループへの所属前の卵。2018年に実施されたメンバーの新規合同オーディションによる合格者であり、坂道とは乃木、欅、日向(旧・けやき)の3坂による配属前のいわばジャニーズのデビュー前のような研修生と似たような位置づけだ。

これは坂道グループの運営から主催された正式な企画であり、CMでも大々的に広告され全国へその募集が掛かった。

この募集には、応募総数12万人超という人数の中から39名が合格し、倍率3400倍という数字を叩き出した。
早稲田の合格倍率が4倍から7倍なのですからこの数字は脅威だと感じた。

 

さて、この坂道研修生による特別待遇処置として様々なサイトもオープンしていった。

https://sakamichi-kenshusei.com/s/sk01/?ima=0000

そんな中で松岡愛美という合格者について今回辞退宣言があったとし、運営はこれを受理した。

 

本記事では、坂道研修生エースとしても名指しされていた彼女が何故辞退の道を選択したのか『松岡愛美』の辞退については多くの憶測がとんでいる。既に本人からの申請を正式に受理し、先日の公式発表の日にも彼女の辞退は公式に発表された為、もう今後の復帰などがはないものと考えている。

そして辞退の理由は本当に学業によるものだったのか?これについて心の奥の想いを語っていきたいと思う、坂道研修生のメンバーがそれぞれどんな個性を持っていたのかも松岡愛美と共に紹介していこうと想う。
そして今後の坂道研修生の未来についても語っていこうと思う。

坂道研修生で期待のエース候補であった松岡愛美

出展元:https://48pedia.org/

※既に坂道研修生のサイトからは、松岡愛美さんのプロフィールは削除されている事を確認しました。

松岡愛美のプロフィールはこちらです!

名前:松岡 愛美(マツオカ マナミ)

生年月日:2002年4月2日生まれ
出身地:東京都出身
血液型:A型
身長:160cm
所属グループ:坂道研修生
ニックネーム:ムーニー

まずは、冒頭で話した通りに39名の配属となった訳ではあるが、詳細として乃木坂46へは筒井あやめを始めに4期生が11人の配属となった。

続いて欅坂46へは松田里奈をはじめ2期生として9人、

けやき坂46の3期生としては上村ひなのが1人の配属となった。

そこで更にグループへ配属されなかったメンバーが存在することになった結果この暫定合格メンバーを坂道研修生としてレッスンを受けさせ、一旦は配属待ったとなった訳である。
それが今回決まった松岡愛美をはじめとしたメンバーである。

簡単に言うと研修期間が延びたと考えて頂いてよいと思う。

 

その坂道研修生なるメンバーは15人で、各々のプロフィールは公開された全国にその存在も知れ渡る事になる。
他の坂道グループ同様にロゴマークや、ツイッター等も設けられており、ある種の坂道グループとしても成り立つレベルであった為、一時は別グループとしてデビューするのでは?と憶測もあった。

活動内容も、研修生と言いつつもツアーを経験し、大阪、愛知、東京のZEPPツアーで大いにファンは盛り上がりを見せ始めていたのだ。

そんな中でも松岡愛美の存在は一際ヴィジュアルメンバーとしても完成されており、高い期待値を持っていたファン達。

既に松岡愛美は、ショールームでも人気を博しており、その愛称はムーニーと呼ばれ、話題になっていた。
又、ダンススキルも既にある一定以上の実力を担保していた事も知られている。
この他知性については早稲田実業であるといった噂があり、かなり高いスペックを誇っている。

正にアイドルとしてエース候補生であった事は言うまでもないであろう。

坂道研修生の松岡愛美の真の脱退理由とは

そんな誰しも注目を集めていた美松岡愛の配属先は、ファンからも様々な意見が飛び交わされていた。
清楚系ルックスでナンバー1の乃木坂46か、クール系ナンバー1の欅坂46か、個性派の日向坂46かどれであっても間違いなく注目度は高い。

 

そして2020年2月16日に残りの坂道研修生の全員の配属が正式にSHOWROOMより、各坂道グループのリーダーである乃木坂46(秋元真夏)は5名、欅坂46(菅井友香)は6名、日向坂46(佐々木久美)は3名の「坂道研修生 配属発表 SHOWROOM」にて14名の発表があった訳だがその中に、松岡愛美の名前は無かった。

このSHOWROOM内で松岡愛美の辞退が正式に発表となった。

https://www.showroom-live.com

この活動辞退は波紋をよび、ツイッター上ではかなり荒れていた事も。

一応学業に専念するというお決まり文句的な活動辞退に関する発表は簡素なものであった。

 

その真偽を調べるべく事実を確認していたところ、松岡愛美は早稲田実業でアイスホッケー部のマネージャーをやっている等の情報もあった事から確かに早稲田実業であるならば、超進学校であるしその理由も頷ける話だ。

他にもおかしな検索履歴として松岡愛美のキーワードには結婚というキーワードもあがってくる。
こちらも審議したが、全くの別人の「松岡愛美」ツイッターもあがってくる為、この活動辞退による影響によるものかと思われる。
つまりこちらの件はである。

坂道研修生に深まる謎とは?今後の未来

結局のところは、坂道研修生坂道研修生であり、新たな坂の誕生とはならなかった。
桜坂46なんて名前でデビューもあるのでは?ともあったがどこの誰が言い出したのやらとも思った。

 

しかし坂道研修生制度は今後続くのか?

と言う話をするとしとたら、その答えはNOなのではないかと考える。そもそも坂道研修生は何故作られたのであろうか。
研修制度は今回の合同オーディションを行ってからできた後付け的なものであったと予想できる。

 

2020年もまだまだ卒業生もでてくると噂もある為、新期生は今後増えていく方向である可能性は高いであろう
が、その度に今回のように毎回坂道研修生から配属の形をとるのは少しナンセンスであろう。

 

今回のように坂道研修生には、憤慨もあったとか色々を感じる噂も多く、今回のように松岡愛美ももしかしたら不確かな未来と学業を天秤にかけてしまったのかもしれない。

しかしながら配属に関しては、それぞれのグループの特性と坂道研修生本人達の個性を考慮しての配属であった事も間違いないはないとは思う。
全く色が異なるメンバーをいれたところで、それこそ不況和音となりえるであろう。

松岡愛美がまさかの活動辞退で芸能界デビューも白紙?芸能界の闇のまとめ

今回松岡愛美が活動辞退したことでかなり残念であるという声が後を絶たない。
やはり配属されたときには、間違いなく人気メンバーとして推し上げられていったであろう。

今回の発表で、つまり芸能界の活動から辞退する、そういう事なので全ては白紙である。

今後彼女を見る事は、もう叶わない事なのかもしれないが、アイドルとは本当に儚い。
握手会やライブに行く事を躊躇している方がいるのであるならば、会えるうちに会いにいくのも正解だと私は考えている。

 

そういえば欅坂46のライブDVDの名前が、破壊と再生であると以前話をしたが、今回のこの配属に個人的には一番影響ある坂道グループ、それは欅坂46に大きな影響を及ぼすのではないか?と考える。

欅坂46は不可解な脱退・卒業・休業が相次ぐ中で、一度全ての既成概念を壊す必要もある。
各グループの動きは盛んであるが、今年のある意味一番の注目カードであるとは思う。

話は飛んだが、どんなに勿体無いとしても松岡愛美さんがアイドルを辞退したのであれば、今後は一般人として頑張ると決めたのであると思う。

ただ松岡愛美が坂道研修生であった事実はゆるぎない、彼女の決断と、未来を応援していこうと思う。

ABOUT ME
坂道
坂道シリーズ専任。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。