ハロープロジェクト

道重さゆみの今現在は?モーニング娘の愛されキャラのレジェンドで伝説の道重Tシャツがある?

道重さゆみはモーニング娘。歴代最長在籍日数を記録中。

人気が低迷するモーニング娘。を毒舌ブリッコキャラで自身を切り売り、3年連続「女が嫌いな女」ランキングに入ることもありながらも、後輩の後押しもあり再ブレークへ導いた立役者です。

両手を頭の上に置き、うさぎの耳のように見せる「うさちゃんピース」がキメポーズ。

卒業後はモデルや「SAYUMINGLANDOLL」という新感覚パフォーマンスを上演中。

モー娘メンバーやファンにも愛された道重さゆみには、伝説の道重Tシャツというものがあるようです。

それがどんなものなのか?道重さゆみのプロフィールや経歴と共に見ていきましょう!

 

道重さゆみのプロフィール

出典:道重さゆみInstagram

道重さゆみのプロフィールはこちらです!

名前:道重 さゆみ(みちしげ さゆみ)

生年月日:1989年7月13日生まれ
出身地:山口県宇部市出身
血液型:A型
身長:160.4cm
所属グループ:モーニング娘。
ニックネーム:さゆ、さゆみん、ちゃゆ、みにしげさん

小学生時代は友だちがいなかったという道重。
ダンゴ虫が遊び相手だったというエピソードがあります。
どちらかというとインドア趣向の様子で、現在も趣味としてシール集めやマリオシリーズ、ポケモンシリーズをこよなく愛しています。
本人曰く、「素はガチで暗い」外出せず家ではパソコンばかりやっている。ネットパトロールをしていたことも公言しています。

 

応募理由は「モーニング娘。が好きだから。」オーディションの写真は制服姿で何度も撮りなおしたといい、その姿は一目で分かる圧倒的美少女感。
つんく♂からは「この子自体が作品」と言われ、その特異なキャラクターを評価され、後に先輩ビジュアルクイーンの石川とコンビを組ませるなど「ビジュアルメンバー」となります。

 

道重の弱みはダンスはもちろんですが、致命的だったのが歌唱力。
音程の取り方も知りませんでした。
最終合宿では激が入ります。
声量がなく、音程も取れない…6期メンバーの課題曲である「赤いフリージア」を歌うため練習を繰り返しますが他のメンバーに劣り。
根本的に直そうと歌の先生が割り箸を咥えさせ「にゃー」と連呼させていたのは幼いながらに屈辱的だったでしょう。

 

道重が歌う「赤いフリージア」は後に「さゆーじあ」として伝説となり、卒業時にも歌唱しますがバキバキのプラチナ期、約12年の在籍期間に成長したようです。

 

2003年「モーニング娘。LOVEオーディション2002」に亀井、田中と共に合格し、モーニング娘。に加入しました。
同年7月「シャボン玉」でデビューするも後列メンバーで、貰えたのは一部セリフだけ…
「シャボン玉」で第54回NHK紅白歌合戦に初出場しました。

 

2004年には映画出演、舞台出演、そして4期石川とエコモニ。を結成。とっとこハム太郎激情版の声優デビューも果たしました。

 

2005年には7期の久住教育係を経験し、ストレスのあまり眉毛を抜いてしまう過去も。

 

2006年10月に自身の単独ラジオ「ハイパーナイト モーニング娘。道重さゆみの今夜もうさちゃんピース」(CBC、山口放送)がスタート。7年後自身の卒業に伴い番組は終了となりましたが、ハロー!プロジェクトのメンバーが同局で出演するラジオ番組の中では最も長く続くものとなりました。

 

2007年6月には更に「ヤングタウン土曜日」(MBS)のレギュラーパーソナリティーとなり、明石家さんまとの親交を深め、トーク力を更に磨いていきます。
後にテレビ番組に出演する際、他のメンバーよりも口が立つようになったのはこのラジオ出演経験があったからではないでしょうか。

 

2010年2月GREEで公式ブログを開始。
(現在はアメーバブログに移転していま)
年末には1億アクセスを突破しました。

 

2011年に初セルフプロデュース写真集「Sayuminglandoll」を発売。数々のコスプレを披露するという異例の写真集でした。(趣味を兼ねている)
後の「SAYUMINGLANDOLL」のビジュアル的原点だったのかもしれません。

 

11月「黄金生活!1ヶ月1万円」生活に単独出演しました。
5期高橋の卒業ツアー中。
多忙を極める中でのロケです。
この番組のオファーを受けたのも「モーニング娘。をもっと世間にもっと知ってもらいたい」と枕を濡らした夜も。
慣れない家事やお弁当作りをしました。
モーニング娘。で最も認知度が高かった道重だからこそできる番組でした。
結果は僅差で勝利!

 

2012年1月には「数学♥女子学園」で田中とドラマ主演。

 

2月自身が愛するサンリオの人気キャラクター「シナモンロール」の生誕10周年を記念しコラボ商品をプロデュースします。

 

そしてこの年、5月念願だったモーニング娘。のリーダーに就任し、同期の田中とプラチナ期終了後続々と加入した9・10・11期とともに快進撃が始まります。

 

10月には公式ブログをアメーバに移し、道重さゆみオフィシャルブログ「サユミンランドール」を開始。

 

2013年1月52ndシングル「Help me!!」でオリコン1位を獲得!
この曲は39ndシングル「しょうがいない 夢追い人」(プラチナ期時代)以来、およそ3年8か月ぶりの快挙となりました。

 

この曲により9・10・11期メンバー加入後初の首位獲得作となり、当時の歴代メンバーが全員首位を経験したことになります。
そして女性グループ3世代(90年代、00年代、、10年代)の首位獲得でもあります。

新メンバー(11期小田)がデビューシングルを獲得するのは「Mr.Moonlight 〜愛のビッグバンド〜」以来11年3か月振りという記念すべき盤となります。

その後も快進撃は続き、5作シングル連続首位を獲得しました。

 

道重がリーダーに就任した頃からでしょうか、ややぽっちゃりしていた体形が急激に痩せ、それが「美しい」という人もいましたが、あまりに急激だったので心配したファンもいます。

 

元々非常に精神的にナイーブな性格。
テレビなどでは「毒舌ナルシストを演じていた」が、途中、長年連れ添った同期の田中が卒業し、単独リーダーを務めるのが心細かったのもあったと吐露していました。

 

2014年1月1日にモーニング娘。在籍日数が4000日を突破。
歴代メンバー初です。

 

4月の春単独ツアーの地元・山口公演で同年秋の最終日をもってモーニング娘。およびハロー!プロジェクトを卒業することを発表。

 

11月卒業公演を迎えます。
公演のメドレー中に恐れていたアクシデントが襲います。
癖になっていた足を故障し、動けなくなりました。

 

しかし、ここは公演数をこなしているモーニング娘。他のメンバーはトラブルに即座に対応します。
(メンバーが急病で不参加になればフォーメンション変更、髪飾りなどが落下すればダンスに支障がでるため袖に蹴るなど)

 

後のリーダーとなる9期譜久村のナイスアシストで乗り切り、何度となく動きが止まりそうになりましたが痛みに堪えつつ、その後のパフォーマンスをこなしました。

 

通常卒業セレモニーでは手紙を読むのが通例ですが、道重はファンに向けて直接語り掛けるスタイルを取りました。

 

「後輩たちに見せたい景色がある」これを実現できたことは自分にできる最後の恩返し、ファンのことは「さゆみのファンの人たちが他の誰でもない…みんなでよかった。変な人たち」(揶揄ではなく愛をこめて)と内容が独特でクスッと笑うところも。

 

出典:道重さゆみオフィシャルブログ「サユミンドール」

「赤いフリージア」から始まったモーニング娘。への第一歩、大切にしていた曲「歩いてる」そして「Happy大作戦!!」と多幸感で締めくくり正に伝説のコンサートだったとも言っても過言ではありません。

 

加入前、音程が取れなかった「赤いフリージア」はすっかり自分の物にしていました。

 

卒業翌日から芸能活動を無期限休止としました。(在籍:11年10カ月)

 

6期メンバーで一番顔(と名前)が売れ、バラエティー、ゲーム、飲食関係など多方面の番組やキャンペーンに呼ばれ、独特の個性を放っていました。
「私は極度にカワイイ」という本人の主張の通り、毎日鏡の前で「よしっ今日もかわいいぞ!」と自分に言い聞かせ鼓舞していたようです。

 

現役時代にソロ写真集10冊、同期の写真集、石川との写真集、自身がカメラマンを務める写真集、パーソナルブックを発売しています。

道重さゆみの今現在の仕事は?

卒業コンサート翌日から休業に入っていた道重。
休業中はとにかく「ぼーっとしていた」といい、これまで12年間モーニング娘。として駆け抜けてきた分、心身共に休養していたようです。

 

その期間の様子はブログなどには全く上げられず、地元山口に帰ったのか、それとも都内にいるのか、はたまた海外で羽を伸ばしているのかと憶測が飛んでいました。

 

モーニング娘。で力を出し切ったのは目に見えており、「無期限」ということだったので、このまま芸能界からいなくなるのでは?とも言われていました。

 

休業中でしたが、2015年には自身がカメラマンを務める写真集第2弾が発売。

 

2016年10月に1年10カ月ぶりにブログを更新しました。
11月には翌年春に芸能活動の“再生=再開”することを発表。

 

2017年1月『SAYUMINGLANDOLL〜再生〜』で芸能活動を再開を発表しました。
3月には2年4か月振りに近影を公開。
モーニング娘。を卒業した時のままの美貌を保っていました。

 

同月かつての古巣「ヤングタウン土曜日」に出演し、正式に芸能活動を再開させます。

 

『SAYUMINGLANDOLL〜再生〜』が開幕、「コンサート」でも「ミュージカル」でも「ディナーショー」でもない新感覚パフォーマンスとされています。
第4弾「希望」が最新作です。
(再生、宿命、東京、希望と続いています)
それに合わせたCD、DVDも発売されています。
楽曲の一部にかつての恩師つんく♂も参加しています。

 

7月にはInstagramも開設され「みんなの好きな」自撮りを披露しまくっています。
2018年には3年9か月ぶりにソロ写真集を発売。
2019年にTwitterを開設しました。

 

30歳を迎えましたがモーニング娘。卒業当時からの美貌は更に進化を遂げ、大人の美しさを身に纏っています。

 

その他ではモデル業をこなしています。
美容雑誌、女性ファッション誌(OLさんからロリィタなど多方面)、Q-potのムック本にも参加しています。

道重さゆみ愛し愛されエピソード

道重がモーニング娘。に入る際、5期高橋のファンであり、憧れの存在だったといいます。
現在も交友があります。

 

先輩には可愛がられ、同期とは「6期の絆」と呼ぶほどの仲になり、後輩からは慕われ・尊敬されています。
現メンバーの10期佐藤は「みにしげさん」と独特な呼び方で懐いており、田中と3人で「第3の6期」とまで言われるほどです。

 

明石家さんまとの長年の共演はもちろんですが、芸能界にも道重ファンを公言する人がいます。
柳原可奈子、古崎瞳、高山一実、小嶋陽菜、市川美織、MAMI(SCANDAL)…とタレントからアイドルまで複数存在します。

 

中でもシンガーソングライターの大森靖子は道重の熱烈なファンで、自身のフルアルバムに「ミッドナイト清純異性交遊」(2013年)は道重に対して作った曲です。
これが縁となり、『SAYUMINGLANDOLL〜再生〜』から楽曲提供するようになりました。

 

出典:道重さゆみオフィシャルブログ「サユミンドール」

 

モーニング娘。の世間認知度を上げた彼女の努力の賜物ですね。

 

そんな道重ですが、実は大の「幼女好き」。
握手会などの接触イベントでは顔のにやにやが止まらず。

 

メンバーの中はでは特に9期鞘師がお気に入り。
加入当初は特に可愛がっていました。
(童顔で幼児色が強いせいか…引っ込み思案な鞘師を輪に入れようとしたのか)

 

ですが鞘師曰く、道重がリーダーになってから少し距離を感じるようになったようです。
自身が成長したこともあるのかな…と分析していました。

 

しかし、卒業コンサートの「彼と一緒にお店がしたい!」の曲中、突然鞘師の唇を奪ってしまいました!

恥ずかしさのあまりのたうち回る鞘師を尻目に
「皆さん、道重さゆみ、やりましたぁ!こんな大勢の前での公開りほりほへのキスは、とーっても気持ち良いでーす!これでさゆみは悔いなく卒業することができます!」と満面の笑顔でダブルピースをして喜んでました。

 

リーダーという立場上、慎んでいましたが虎視眈々と狙っていたんですね。

伝説の「道重Tシャツ」

2011年の自身のバースデーイベントで発売されたTシャツ。
このTシャツが後々の後輩、ファンの心を掴みます。

 

2011年はわたくしは「道重一筋」若い子には流れません。
カラーはメンバーカラーのピンク。
道重を一筋で応援することを具現化したもので、道重の手書きです。

 

そのTシャツが好評で、後も道重からのメッセージと取れる内容のものが発売されていきます。

 

2012年は表「結局道重」若い子に流れたけど戻りました。
後「道重一筋継続」1989.7.13.23才☆☆

 

2013年は表「今尚道重」十年たっても一筋です。
後「今更道重」十年たってようやく気が付きました。

 

2014年…これまでのピンクと違いがらりとデザインを変更。
事務所の方針で「クールハロー仕様(シンプル)」となっています。
表「5×5=25個のハート=25歳」
25個目のハートには手描きの「さゆうさ」のイラストが入っています。裏「クール道重」

 

出典:道重さゆみオフィシャルブログ「サユミンドール」

同年バスツアーでピンク色復活!
表「道重依存」さゆから抜け出せません。
裏「限界道重」
色々な意味で限界なようです。限界まで好きに達したこと、ファンのお財布事情を察したもの。

 

そして卒業記念…表「徹底道重」いつだって道重一筋です。
裏「限定未重」
卒業に合わせてのものでしょう。

 

後輩たちがレッスン着として道重Tシャツを着用している姿は何度もDVDマガジンに登場しています。

 

「ヤバイTシャツ屋さん」のボーカルが道重ファンを公言し、事務所の了承を得てライブやミュージックビデオで着用しています。

道重さゆみのまとめ

芸能界に興味あったわけではなく単純に「モーニング娘。が好き」という思いでオーディションを受けた道重。
加入して何年もソロパートはありませんでした。

 

「毒舌ナルシスト」や「嫌いな女」と叩かれたこともありました。
ステージ上には居場所があっても「モーニング娘。に自分は必要なのか?」と自問自答した時もあったそうです。

 

しかし、「モーニング娘。が好き」という気持ちだけはブレずに12年間駆け抜けました。

 

卒業後も「モーニング娘。」を愛してやまない一人であり、「私は可愛い」のフレーズは変わっていません。
“可愛い”というよりも年を重ね“美しい”のほうにシフトしたように思いますが…

 

今後はOGとしてモデル業や『SAYUMINGLANDOLL』以外の活動があるのかも楽しみであります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。