坂道シリーズ

守屋茜がバレンタイン企画で後輩2期生と確執?貰ったバレンタインチョコの結果は…

『サイレントマジョリティー』を皮切りに『ガラスを割れ』など、クール系路線のアイドルソングをリリースし、スマッシュヒットをこれまで立て続けに巻き起こし、話題の渦中にいるアイドルグループ・欅坂46

このグループの特徴であるのが、そのCOOLかつ曲調にあったダンスパフォーマンス。その中でもダンスにピカイチな技術を持っていたメンバーの一員である守屋茜
守屋茜はその美容意識の高さでファンからは広く知られており、女性等においても美容についての知識等が半端でない事を確認できる。また負けず嫌いな性格は欅坂46の中で一番ではないだろうか。全員のどのメンバーよりも自分に厳しく周囲にも厳しいと見えているので存在感があり、またキャプテンの菅井友香とは対極を成す存在である。

そんな一期生の中では確実に、副キャプテンとしてメンバーのリーダー的存在にいる守屋茜であったが、先日の「欅って書けない」の放送で思わぬ2期生との距離感が浮き彫りに…。

本記事では、欅坂46の欅坂内トップの美の象徴である『守屋茜』と欅坂46の2期生との関係性に迫っていきたいと思う。
そして今後の関係性の変化を語っていきたいと思う、欅坂46守屋茜の活動についても言及していきたい。

欅坂46を牽引する副キャプテン守屋茜

「守屋茜」の画像検索結果

出展:https://cdn.keyakizaka46.com/

名前:守屋茜(モリヤ アカネ)

生年月日:1997年11月12日生まれ
出身地:宮城県出身
血液型:A型
身長:164cm
所属グループ:欅坂46(1期生)
ニックネーム:あかねん

守屋茜と言えば美容番長であるイメージが強い。と言うのも彼女の並外れた美容意識は、メンバーからも高い評価と賞賛を得ており、人一倍に自分に投資をしていく対応である。

美容にも努力を欠かさない事は、以前からで、高本彩花が守屋茜の匂いが好きと番組中も聞いたことがあるし、食べる歯磨き粉を使用している等、きっと全身に投資をしているのではないだろうか。

 

守屋茜のコラムを連載している女性誌「an・an」は様々な芸能人を起用している事で表紙もよく話題に昇るが、この連載コラムもなかなかで、これまで別グループの衛藤美彩とコラボしながら更新していた。
衛藤美彩も坂道グループ乃木坂46に所属していたアイドルであり、同じく女性誌に多く出演している。

美容番長と記述したが、性格がキャプテン気質で、同グループのキャプテン菅井友香と、異なったタイプであるのも魅力がある。

別名「軍曹」のあだ名は伊達ではない。欅坂46内ではその気合の入ったパフォーマンスをするうえでは、リーダー的存在であるのは間違いなく守屋茜の存在がそのパフォーマンスを生み出す事に寄与している部分は大きい。

欅坂46の守屋茜と後輩の2期生

ここにきて企画の前に、そもそも守屋茜の存在は後輩の欅坂の2期生にどう影響を与えているかを振り返ってみよう。

まず負けず嫌いな性格。持ち前の負けず嫌いな性格でのエピソードは多々。
「欅って書けない」の番組内では多々見られる。
守屋茜のエピソードで言えば、漢字欅とひらがなけやき(日向坂46)秋の運動会企画SP、ロケ選抜、腕相撲対決などなど。なかなかの根性をみせていた。

元々テニス部でも体育会系であった守屋茜もそもそもが、他人に負けたくないという強い気持ちがある。
そういった心意気は必ず後輩にも影響を与えるものである。

 

また、パフォーマンス(ダンススキル)は実は守屋茜は加入当初は、他のメンバーよりはやや劣勢であった。
今でこそ欅坂46の主軸のメンツの一人であるが、やはり副キャプテンという意地もあるところからの負けん気と努力こそ実り、今の守屋茜の迫力あるパフォーマンスは、賞賛の声を聴く事ができる。

だからこそ「青空とMARRY」のメンツの一員となっているし、そういった姿勢は絶対に後輩にまで届いているはずだ。
美容の面でも、欅坂46の1期生や2期生のみならず、ひらがなけやき(日向坂46)の、メンバーからも一目置かれる等、後輩メンバーが守屋茜へのリスペクトすべき点は多々あるし、リスペクトの念が無いという事の方が無理があると考える。

少なくとも、私が後輩なら確実に目指していきたい先輩の一人になると感じている。

欅坂46の守屋茜がバレンタインでまさかの結果が…

そんな欅坂46守屋茜の事を話してきたが、こんな守屋茜が今回
バレンタイン企画という事で後輩の2期生から、先輩の1期生へ向けてチョコを渡すという企画を行った。

これは前述した欅坂46の看板番組「欅って書けない」の番組上で行われた企画である。

このバレンタイン企画の結果から話すと、守屋茜は、なんとチョコの数が「0」という衝撃的な内容であったのだ。

これは…という事でこの番組内では先日緊急企画と称し、守屋茜と2期生メンバーにある確執を埋めるべくして、様々な企画を行った。

結果として見れたのは、1期生の守屋茜への愛あるメンバーへの想いであった。

 

そういう1期生をみて、2期生は守屋茜への見方も変わったと思うし、2期生も別に守屋茜を嫌いだからとかそういった感情ではなく、チョコを渡せる数等も制限がある事から、自然に自分の加入前からの推しメンである先輩1期生や、普段身近でお世話になっている先輩に渡す流れになっていったのかと感じた。

守屋と真逆の位置にいるキャプテンの菅井友香は、貰ったチョコの数はナンバー1であった事は、やはり菅井友香というキャプテンは優しい、誰からも好かれるという印象を残した。

ただキャプテンは優しいだけでは務まらないし、その双璧を成すのが守屋茜。嫌われても言わなきゃいけない事、欅坂46を良くしていこう、アイドル界の頂点へ、普段はきっと軍曹な姿を後輩にみせているのかとも感じた。

守屋茜のそういったストイックな想いが、2期生の後輩達にも、今回の企画を通じて一番感じてほしいと願う。

守屋茜がバレンタインの企画で後輩2期生との確執?貰ったバレンタインチョコの結果は…まとめ

さて欅坂46守屋茜については、今回はバレンタイン企画でみられた2期生との関係について言及した。

欅坂46のメンバーは、1期生と2期生ではだいぶキャラも違うし、メンツの雰囲気も異なると感じている。

そんな守屋茜二期生と確執があるというものとは違うとは思うが、厳しさ故の距離感とか、威厳があるメンバーとして後輩からはみられているという結果であった事は事実だ。

これを通し、今回後輩との関係に一歩踏み込み、更にそんな守屋茜は決して嫌われている訳では無い事、共に今後は歩み寄りをみせるのではないかと思う事。
どのみち、守屋茜にとっては今回の回はプラスに働いたと思うし、かつての齋藤飛鳥を彷彿とした。

今後の守屋茜を応援していきたいと感じている。

ABOUT ME
坂道
坂道シリーズ専任。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。