乃木坂46

乃木坂46で1番稼いでるのは誰?現役メンバーで年収ランキングトップ5を大調査!

国民的アイドルグループとして第一線で活躍し続けている人気アイドルグループ・乃木坂46

嫌らしい話になりますが、元メンバーの白石麻衣さんや、現役メンバーの秋本真夏さんなど、あらゆるところで彼女たちの活躍を目にしているだけに、年収も凄いことになっているのだろうかと考えているファンも多いようですね。

 

では、実際のところ乃木坂46で稼いでるメンバーはいくらほど収入を得ているのでしょうか?

本記事では、乃木坂46現役メンバーの収入ランキングトップ5をご紹介していきます。

 

メディアでも良く目にする乃木坂46の中心的メンバーたち


出典:https://natalie.mu/

メディアでも良く目にする乃木坂46人気メンバーはこちらです!

名前:主な乃木坂46の顔的中新メンバー一覧

山崎怜菜
松村沙友理
新内眞衣
秋本真夏
齋藤飛鳥
生田絵梨花
与田祐希
山下美月
高山一実
賀喜遥香
遠藤さくら

以上が、あらゆるメディアで良く目にする乃木坂46の人気メンバーの一覧です。

 

やはり、稼いでるメンバーのランキングをまとめるには、どれだけメディアで活躍しているのかを知らないと、その推定年収の根拠も出せませんよね。

なので、とりあえずは、どれだけ活躍しているのかを改めて知っていただくために、主な人気メンバーの一覧をまとめた次第です。

 

もちろん、対象はテレビ番組だけに限らず、CMや雑誌、YouTubeなどのネット配信、ラジオなどあらゆるメディアが対象となっています。

例えば、ラジオクイーンといっても良いくらい、ラジオのパーソナリティで活躍がめ煮止まる新内眞衣さんや、写真集の売り上げ、小説の売り上げが高く印税で稼いでると推測される生田絵梨花さん、高山一実さんなど、いろんなケースを考慮する必要があるわけ。

 

なので、あまりテレビでは見かけないけどというメンバーがランクインしているケースも考えられますが、トータルで考えて算出している推定額なので、そこはご了承お願いします。

では、早速乃木坂46の稼いでるメンバーランキングトップ5を見ていきましょう。

稼いでるランキング5位:新内眞衣(推定1000~2000万円)


出典:https://www.crank-in.net/

乃木坂46の中心的存在でありながら、一部ではそれほどメディアで活躍している印象はないという声も聞く2期生の新内眞衣さん。

確かに、乃木坂46に加入してしばらくはOLとの掛け持ちだったという話も聞きますし、当時は年収がアルバイト以下だったという話もされています。

 

しかし、彼女の場合、現在はラジオ番組のパーソナリティを中心に幅広く活躍中ですでに奨学金の返済も終わったのか、今は芸能一本で仕事をされているとのこと・・・

ただ具体的な年収は公表されておらず、一部で1億円あるという噂もちらほら耳にしますが、その根拠はどこにも掲載されておりません。

 

おそらくOLを辞めて芸能一本で活動出来るほど余力が出来たことも考慮した上で、1000万円~2000万円ではないかと思われます。

あくまで推定ではありますが、少なくとも一般的な年収以上である事は確かで、成功してそれなりに稼げるようになった事だけは間違いないでしょうね。

稼いでるランキング4位:秋本真夏(推定3000万円)


出典:https://withonline.jp/

乃木坂46の1期生メンバーで現在キャプテンとしてグループを牽引する秋本真夏さん。

彼女の収入源となる活躍の基軸はバラエティ番組の特番にあると筆者は考えています。

 

2時間番組の特番などでひな壇を飾るアイドルとして、あらゆる番組に出演されていますし、高校生クイズにおいてはある種マスコットキャラクターとして人気を博しているところも・・・

おそらく番組制作サイドも、彼女のような明るさを求めて出演オファーしているのだと思いますよ。

 

さて、肝心の年収ですが、バラエティ番組やラジオのパーソナリティでの出演に加え、写真集の印税なども入っているので、3000万円は稼いでるのではないかと推測されます。

もちろんこの額は推定ですが、何にせよ、良い意味で際立つ個性を持つアイドルは人気も高く、今後も収入面で困ることなく安泰といって良いのではないかと思う次第です。

稼いでるランキング3位:高山一実(推定4000万円)


出典:https://www.oricon.co.jp/

近年はクイズバラエティのMCも務めるようになり、幅広い活躍を見せている乃木坂46メンバーの高山一実さん。

彼女の場合、テレビ番組への出演以外にも、作家としての活動もされているので、2018年11月に発売された小説『トラペジウム』の印税も含めて年収4000万円稼いでると推測されます。

 

まぁ、彼女の場合は、バラエティ・ドラマ・映画・音楽・小説とマルチに活躍している訳ですから、4000万円稼いでいたとしても不思議ではありませんよね。

今後もマルチタレント・アイドルとしてあらゆるシーンで活躍し続けていってほしいですね。

稼いでるランキング2位:生田絵梨花(推定8000万円~1億円)


出典:https://www.comingnext.jp/

生田絵梨花さんと言えば、舞台女優として多忙な日々を過ごしながらもアイドル・タレントとしてマルチに活躍されている乃木坂46の中心的メンバー。

乃木坂46の選抜常連でもあり、乃木坂46のファンなら彼女の名を知らないのはもぐりと言っていいでしょう。

 

さて、そんな生田絵梨花さんの推定年収ですが、噂では8000万円~1億円ではないかと言われています。

というのも、2019年に発売された写真集『インターミッション』の売り上げが今なお好調とのことで、累計30万部以上の販売を達成しているんだとか。

 

その印税と舞台・テレビでのギャラを合わせて1億円近く稼いでいるのではと推定されているようです。

もちろん、彼女自身がギャラを公表しているわけじゃありませんし、あくまで推定でしかありませんが、写真集が売れると印税だけでも結構稼げるという典型的な例と言えるでしょうね。

稼いでるランキング1位:齋藤飛鳥(推定1億円~1億2000万円)


出典:https://style.nikkei.com/

乃木坂46の現役メンバーの中ではセンターに抜擢された回数(4回)も一番多く、モデル・女優としての活躍も見せている人気メンバーの齋藤飛鳥さん。

 

彼女の場合、アイドルとしてだけの活躍よりもモデルとしての活躍がかなり収入に直結しているらしく、女性ファッション雑誌『Sweet』の専属モデル契約が1000万円~2000万円といわれ、さらに他の雑誌(漫画誌など)のグラビアで200誌近く掲載され5000万円~8000万円稼いでいるとも言われています。

 

これらの収入にあわせてアイドル・女優・タレントとしてのギャラも含まれてくるので、多少少なく見積もっても1億円前後(8000万円~1億2000万円)あたりではないかと推定できます。

彼女のように一つ際だった活躍を見せる事で、年収が上がったという良い事例と言えるでしょうね。

乃木坂46稼いでるメンバーランキングトップ5のまとめ

いかがでしたか?

今回は乃木坂46の現役メンバーに絞り、稼いでるメンバートップ5をランキングとしてご紹介いたしました。

 

もちろん、この額は推定ですので具体的には多少異なるかもしれませんが、少なくとも4期生メンバーは一部を除いて未成年でそれほどもらっておらず、年収が多いメンバーは乃木坂46の顔的存在に限った話であることは間違いないでしょう。

 

ただ一方で、大人となりアイドルとして大成功を収めたメンバーにはそれなりのギャラも支払われるようですし、アイドルは夢のある職業とは言えそうですね。

ぜひ、今後も、多くのファンに夢を与え続ける活躍を見せてほしいとさらなる活躍に期待しています。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。