AKBグループ

乃木坂46の運営会社はAKB48と何が違うの?メンバーと仲悪い?批判的なエピソードは?

最近は何かとアイドルの事務所や運営会社の対応がクローズアップされていますが、乃木坂46とAKB48の運営が同一視される事が増えています。

ふたつの人気グループの運営会社の違いが何なのか気になりますよね。

 

運営会社とメンバーの関係が順調なのか不仲なのか、運営会社(スタッフ)は優秀なのか無能なのかも大事なポイントですよね。

様々な情報やエピソードからメンバーとの関係も探ってみました。

 

今回は乃木坂46とAKB48の運営会社について見て行こうと思います!

 

乃木坂46の運営会社はどこ?

出典:乃木坂46 公式サイト

乃木坂46の運営会社のプロフィールはこちらです!

名前:乃木坂46合同会社

設立日:2012年2月14日
所在地:東京都千代田区六番町4番地5
代表者:今野 義雄 (こんの よしお)
出資者:ソニー・ミュージック/株式会社ノース・リバー

乃木坂46の運営会社は「乃木坂46合同会社」という会社で、名前を見て分かる通り“乃木坂46″のマネージメントに特化した会社になっています。

乃木坂46の現役生だけでなく、芸能活動を続ける卒業生も在籍しています。

 

乃木坂46合同会社が設立された経緯は2011年に「乃木坂46運営委員会」が乃木坂46を生み出し、主にマネージメント等を担当する会社として2012年2月14日に誕生しました(登記上の代表社員はノース・リバーとソニー・ミュージック)

 

乃木坂46運営委員会と乃木坂46合同会社の代表者は今野義雄(ソニー・ミュージック執行役員)さんが務めており、今野さんは欅坂46や日向坂46の運営委員長や運営会社”Seed & Flower”の代表も務めています。

AKB48の運営会社はどこ?

出典:AKB48 公式ツイッター

AKB48の運営会社のプロフィールはこちらです!

名前:株式会社AKS

設立日:2006年1月20日
所在地:東京都千代田区外神田六丁目1番地8
代表者:吉成 夏子 (よしなり なつこ)
主要株主:吉成夏子(100%保有)

AKB48の運営会社は「株式会社AKS」という会社で、設立の経緯はスタート時に比べて増加の一途だったメンバーやイベントの運営管理を一括し、より効率的に活動をサポートする目的で設立されました。

 

ちなみに「AKS」の由来は設立メンバーの秋元康さん・窪田康志さん・芝幸太郎さんの頭文字をひとつずつ取ったと言われています。

発足当時の経営は窪田康志さんが社長に就任して担当していました。

 

2011年頃からパチンコメーカー「享楽」の出資を受け、社長であり大株主であった窪田さんの保有株を買い取って株式を独占し、享楽から出向して来た吉成夏子さんが代表兼唯一の株主として存在しています。

乃木坂とAKBの運営会社の差ってある?

乃木坂とAKBの運営会社で最も大きな差は何かといえば、企業形態が合同(出資タイプ)か株式タイプかが一番の違いだと思います。

合同タイプは株式タイプと違って経営権が基本的に移動しません。

 

「乃木坂46合同会社」のスタッフはソニー・ミュージック関係者が多く、事務所と発売レーベルが一致しているので方針も統一しやすいそうです。

また、乃木坂メンバーはほとんど秋元康さんと会った事が無いそうです。

 

一方で「AKS」はスタート当時のスタッフや秋元康さん関係のメディア出身者、さらには新しく所有者となった享楽からの出向組が混在しています。

しかも発売レーベルも系列グループを含めるとソニーやキングレコード、ユニバーサルミュージックなどが参加しています。

乃木坂46メンバーと運営は不仲なの?

次は乃木坂46のメンバーと運営会社の関係について見て行きます。

当然ですが目立って不仲という事例は発生していませんが、各期メンバーに運営の推しメンが存在すると言われていました(具体名は避けます)

 

出典:乃木坂46時間TV

特番や選抜発表の後ろ姿で知られている今野義雄さんが絶対的な監督者として指揮を執っており、選抜にも大きな影響が有るとか無いとか。

 

AKBと違って総選挙が無く、握手券も多くのメンバーが完売してしまうので序列が付けにくく、選抜の基準があいまいなのも特徴です。

その点からすると、不満を持っているメンバーが居ても不思議では無いですね。

乃木坂46の運営が無能と言われるエピソードは?

乃木坂46の運営が無能と言われる原因は「手抜きが多い」点でした。

19thシングル「いつかできるから、今日できる」の公式リリース文に“LINE”の文面が貼り付けられるという不思議なエピソードを残しています。

 

出典:乃木坂46 公式サイト

普通であればありえないミスですし、このリリース記事が作られた事よりもチェックを通過した事の方が恐ろしいですよね。

 

他にもブログやメールで発信したメンバーのメッセージが話題になる事もありますが、キチンと事前にチェックしていれば避けられる事例です。

スタッフのチェック能力の欠如が指摘されることもしばしばあります。

 

NGT48が山口真帆さん関係のもみ消し行為などで批判を受けて炎上していますが、別会社なので乃木坂は大丈夫と言えない状況になっています。

ファンからすると「AKBと乃木坂は違う」と判断が付きますが、特に関心の無い層からすると同じ集団に見えてしまうのです。

 

アイドル関係(特に48・46系)のスタッフで有能と言われる人はほとんどおらず、どちらかと言えば能力に疑問符が付く事が多いと思います。

メンバーは頑張っていますが、スタッフは「他人事に捉えている」気がします。

乃木坂46のまとめ

今回は乃木坂46とAKB48の運営会社について見てきました!

ふたつの会社は企業形態や運営状況が大きく違い、元々関係の無かった享楽が参入してきたAKSは株式的に吉成夏子さんの所有物となっていました。

 

一方で乃木坂合同会社も今野義雄さんが大きな力を持っており、推しメンが選抜メンバーに入っているという噂もありました。

これは、ひとりの人が長く監督者として存在する弊害なのかもしれませんね。

 

運営会社は誠実にメンバーと向き合い、サポートしてあげて欲しいと思いました。

POSTED COMMENT

  1. x より:

    >>乃木坂46合同会社が設立された経緯は”AKB48のライバル”となる新たなグループの立ち上げをするためで、当初の名称は「乃木坂46運営委員会」でした。その後、運営委員会が発展して“合同会社”へ格上げとなりました。

    初っ端から適当なこと書くなよ。
    運営委員会と合同会社は何の関係も無いわ、合同会社は最初から存在するし、今も昔も発表などは運営委員会名義だ。

    知らないなら知ったかぶってデマ流すな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。