乃木坂46

白石麻衣が卒業で絶対的エースセンター移譲へ。最後のシングル発売決定【乃木坂46】

坂道シリーズでは、言わずと知れたナンバー1の知名度アイドル乃木坂46。今や日本のトップアイドルともいえる乃木坂46は、全国ツアーを毎年開催、数々のヒットソングを生み出し続けている。
秋元康プロデューサーの力によって『ぐるぐるカーテン』を皮切りにデビューしたのが2011年8月頃の事。
それから今年でいよいよ8年目に突入する乃木坂46

 

近年では、これまで乃木坂創世期を支えてきた世代の1期生メンバーが次々と卒業を発表しており、この8年目を迎えるにあたり大きく変革の時期を迎えている。

2018年に3期生を迎えて以降、乃木坂の顔ともいわれていた生駒里奈についての卒業以降から、若月佑美や西野七瀬といったメインになるメンバーが続々と卒業していった。

又、アンダーメンバーについても川村真洋や斎藤ちはる、相楽伊織といった時代を乃木坂の初期を支えていたメンバーも大量に卒業。
これまで乃木坂のキャプテンを務めていた桜井玲香も卒業した事は記憶に新しい。

 

そして今回の白石麻衣の卒業である。

今回の25thシングルのフォーメーションと発売日等、詳細については徐々に明らかになってきた。

本記事では、乃木坂46のマドンナ的存在である『白石麻衣』についての最後のシングル参加についての事、そして今後の芸能界での活動方面、そして現在から未来に紡いでいく白石麻衣にとっての乃木坂46について思う事を語っていこうと思う。

乃木坂46を卒業する白石麻衣の最後のシングルリリース日が決定

「白石麻衣」の画像検索結果

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

名前:白石 麻衣(しらいし まい)

生年月日:1992年8月20日生まれ
出身地:群馬県沼田市出身
血液型:A型
身長:162cm
所属グループ:乃木坂46
ニックネーム:まいやん

時代の変化と共に、乃木坂46も変化している。

ファンからは残念の声や、今後の期待への声等複雑に聞こえてくる。4期生や坂道研修生の新配属も2020年には決まった。

アイドルの卒業は必ずいつかは訪れてしまうものだが、ついに乃木坂46の女王とも言われても過言ではない、白石麻衣卒業について発表された1月7日。(白石麻衣ブログにて)

この日、激震が走り、他の坂道グループへ所属するメンバーも幾人も声をあげ白石麻衣卒業に言及した。

乃木坂46のメンバー内では、人気ナンバー1は間違いなく白石麻衣であった。

白石麻衣については、以前からも卒業は取沙汰されており、ここまで卒業のタイミングが注目され続けてきた。
このところ白石麻衣卒業の動きを予測するメディアは多数いたが、2020年1月になっていきなりの発表であった為、各社もこれを報道した。

3月25日にリリースが確定となった最新シングルであるこの作品をもち、白石麻衣乃木坂46としての活動を終息する。

実に乃木坂46のシングル作品はここまでで、25枚のシングルをリリース。

そんなこんなで、既に白石麻衣はここまでの参加作品で、乃木坂46のセンターを何回経験したのだろうか。

これまでの通算をざっと確認したところ、センター経験5回
更にダブルセンター等もありましたし、単独のセンターとなると通算3回程度だ。

まずは5thシングル【ガールズルール】ここで白石麻衣の注目度は一気に高まる事になるきっかけとなった曲。
次に、13thシングル【今、話したい誰かがいる】これでWセンターを務めます。ここでは西野七瀬とのダブルセンターとなった。

そして17thシングル【インフルエンサー】は近年のレコ大受賞もした曲なので、御存知の方も多いと予測する。このあたりになると乃木坂46の知名度は当初と比較すると、かなり差がでてくると感じる。

ここでも西野七瀬とのダブルセンターとなり、白石×西野のダブルセンターは、ファンの間でも最強の布陣として一躍人気に火を付けるきっかけとの一つとなった。
西野七瀬と白石麻衣の共通点として、女性人気をかなり獲得している事が、大きい。女性誌については二人ともレギュラーモデルとして投用されている。
近年のアイドルの成功に不可欠な要素として、重要なのは女性人気だと感じている。

男性人気のみではなく、女性目線を意識する事が、今後のライブの盛り上がりに必須な要件と近年は化している背景がある。

以降の20thシングル【シンクロ二シティ】で単独センター、そして今回の25thシングルでの単独センターを飾る予定だ。

案外少ないと思うかもしれないが、これまでの経歴では一度も選抜を外れた事もない事、又、常に目立つポジションでこの25枚目まで活動してきた事が何より白石麻衣の功労賞ともいうべきでしょうか。

誰よりも美しく、綺麗、可愛いと正に学園でいうと、マドンナのような存在であった白石麻衣
通称まいやんとファンやメンバーからも親しまれてきた白石麻衣。

25枚目のシングルについてわかっている事は以下で、お話はさせて頂く事としよう。

まずは乃木坂46の中でも、マドンナキャラと書きましたが、そんな白石麻衣が最後のセンターとして務める25thシングル【しあわせの保護色】の詳細は以下のとおりだ。

・25thシングル メインタイトル【しあわせの保護色】
・C/W 収録タイトル【サヨナラ Stay with me(秋元真夏・生田絵梨花、齋藤飛鳥、松村沙友理、久保史緒里、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香)】(各シングル形態共通)
・C/W 収録タイトル【じゃあね(白石麻衣ソロ)】(type-A)
・C/W 収録タイトル【アナスターシャ(2期生)】(type-B)
・C/W 収録タイトル【毎日がBrand new day(3期生)】(type-C)
・C/W 収録タイトル【I see…(4期生)】(type-D)
・C/W 収録タイトル【ファンタスティック三色パン(齋藤飛鳥・梅澤美波・山下美月)】(通常版)

■発売日 3月25日(水)
■特典
映像についてそれぞれ以下の通り。
・Music Video しあわせの保護色 (全type共通)
・Music Video 収録タイトル【じゃあね(白石麻衣ソロ)】(type-A)
・Music Video 収録タイトル【アナスターシャ(2期生)】(type-B)
・Music Video 収録タイトル【毎日がBrand new day(3期生)】(type-C)
・Music Video 収録タイトル【I see…(4期生)】(type-D)
※その他特典映像収録 他の特典については後日発表となっているようだ。

又、全国握手会 & ミニライブ券や、タワーレコードでの購入でオリジナル特典として先着にて「ポストカード(TYPE A)」のプレゼントもあるようなので、渋谷タワレコが近い方はお薦めだ。

また、当曲の発表は、8th YEAR BIRTHDAY LIVEの最終日に講演の中でお披露目があった。

この最新シングルについては、show room内での新内眞衣のコメントにもあったように「久々にスローテンポな曲」という感じで、保護色のような「しあわせ」として心地良いグルーヴ感ある楽曲に仕上がっており、白石麻衣卒業に沿って作られている。

C/Wについても、白石麻衣のソロ曲が収録されているtype-A。

白石麻衣自身の初の作詞となっている。これも白石麻衣自身が感じている乃木坂46のメンバー達との出会いと別れを綴った曲になっており注目だ。
他のtypeのC/Wについても各期生毎に収録している為、それぞれの良さを感じる事のできる今回のシングルならではの楽しみ方ができるようだ。

乃木坂46の白石麻衣から女優へ…

さて、そんな白石麻衣はこれにて卒業となる訳だが、これまで白石麻衣については、卒業後の話についてはあまり明確な言葉を残してこなかった。

以前に卒業について答えていた事と言えば、今は乃木坂内での活動を充実させて、今後自分が何をしたいのか活動の中で明確にしていきたい、そういったニュアンスでまだまだ乃木坂46での活動を続けていくかのような言葉を残していた為だ。

今、白石麻衣がどのように語っているのだろうか。

個人的にそれぞれの解釈はあるかと思うが、白石麻衣自身の言葉が全てだろう。

いつか白石麻衣は自身の言葉でこうも語った。「自分に何ができるのか模索していく」・「この仕事をずっとしていくつもりはない」。

この言葉のとおりだとすれば、自身の女優としての作品が、最近公開になった白石麻衣
映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」についてのインタビューに以下のように答えていた。

卒業後もお芝居は続けていきたいけど、私は歌を歌うこともすごく好きなので、音楽もなにかしらの形で続けていきたいし、ファッション誌のモデル業も引き続きやっていきたいです。だから、卒業後のお仕事も、いままでとは変わらないスタンスで、いろんなものを少しずつやっていけたらなと思います。

出展元:https://movie.walkerplus.com/

きっと白石麻衣は女優として進むのかなと最近まではそう思っていた。

しかしこの言葉とおりだとすれば、乃木坂46で培ってきた活動や白石麻衣自身のやりたかった事も続けていくのではないだろうか。

元々は白石麻衣は、専門学校の東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校・ヴォーカルパフォーマンスワールドの出身であり、本来であればそういった道にも進むべきだと思う。

あまり乃木坂46を卒業後は、歌手にメンバーも少ない中で、このようにしっかり自分のやりたい事を提言できるのは流石は白石麻衣と言わざるを得ない。

白石麻衣にとって乃木坂46とは

乃木坂46卒業する白石麻衣は、卒業を発表した1月からもう3月に近づきいよいよ彼女が去る日はカウントダウンとなっている。

実に8年の月日を乃木坂46と共に歩んできた。白石麻衣にとって、乃木坂46とはどんな存在であったのか。

 

それはこれまでのアイドルを仕事として取り組んだ彼女の姿勢で評価できる。白石麻衣はスキャンダルを起こすメンバーも中にはいたが、スキャンダル0のまっさらなアイドルであり、又、自身のルックスと真逆にバラエティ能力も非常に高い。
乃木坂46の看板番組である乃木坂工事中では、バナナマンと白石麻衣の掛け合いも、これまで多く見られた。他出演番組でもバナナマンのドライブスリー等でもそういった一面を見る事ができた。

 

白石麻衣にとって乃木坂46とは、自分自身の支えであって古郷のような存在だと私は、感じている。
それはきっと白石麻衣が言うように、この仕事を続けなかったとしても、これからメンバー達との関係はずっと続いていくのだと思う。

白石麻衣にとって乃木坂46は学校のようなもので、メンバーは心の拠り所であり、これからも立ち位置は変わっても関係性は変わらないものだと感じている。

乃木坂46【白石麻衣が卒業で絶対的エースセンター移譲へ。最後のシングル発売決定】のまとめ

さて最後になりましたが、乃木坂46は今、変革期にあり、非常に重要な局面にいると感じている。
今後の白石麻衣卒業と乃木坂46の未来は大きな関係がある。

 

ただこれまで紡いできた白石ismはしっかりと、後輩達にも受け継がれもう大丈夫だと白石自身も感じたのかと思う。

これから白石麻衣が芸能界をどのように進み、乃木坂46がどう変化していくのか注目だ。

ABOUT ME
坂道
坂道シリーズ専任。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。