乃木坂46

白石麻衣が卒業で絶対的エースセンター移譲へ。最後のシングル発売決定【乃木坂46】

坂道シリーズでは、言わずと知れたナンバー1の知名度アイドル乃木坂46。今や日本のトップアイドルともいえる乃木坂46は、全国ツアーを毎年開催、数々のヒットソングを生み出し続けている。
秋元康プロデューサーの力によって『ぐるぐるカーテン』を皮切りにデビューしたのが2011年8月頃の事。
それから今年でいよいよ8年目に突入する乃木坂46

 

近年では、これまで乃木坂創世期を支えてきた世代の1期生メンバーが次々と卒業を発表しており、この8年目を迎えるにあたり大きく変革の時期を迎えている。

2018年に3期生を迎えて以降、乃木坂の顔ともいわれていた生駒里奈についての卒業以降から、若月佑美や西野七瀬といったメインになるメンバーが続々と卒業していった。

又、アンダーメンバーについても川村真洋や斎藤ちはる、相楽伊織といった時代を乃木坂の初期を支えていたメンバーも大量に卒業。
これまで乃木坂のキャプテンを務めていた桜井玲香も卒業した事は記憶に新しい。

 

そして今回の白石麻衣の卒業である。

今回の25thシングルのフォーメーションと発売日等、詳細については徐々に明らかになってきた。

本記事では、乃木坂46のマドンナ的存在である『白石麻衣』についての最後のシングル参加についての事、そして今後の芸能界での活動方面、そして現在から未来に紡いでいく白石麻衣にとっての乃木坂46について思う事を語っていこうと思う。

ABOUT ME
坂道
坂道シリーズ専任。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。