AKB48

横山由依はAKB48にまだいる?現役から卒業する時期の噂とか予想してみた!

初代総監督の高橋みなみちゃんの後を継ぎ、AKBグループ2代目総監督となった横山由依ちゃんは2009年からAKB48に所属しています。

横山由依ちゃんはかれこれ、AKB48に在籍して11年になるベテランとなりました。総監督を向井地美音ちゃんに譲った横山由依ちゃんは、いつ卒業してもおかしくない状況といえます。

そこで今回は、横山由依ちゃんの最近のAKB48での活動や、卒業がいつのなるのかの予想、卒業時期に関するネットでの噂や卒業後の進路などについてまとめます。

 

横山由依のプロフィール

横山由依

出典:https://www.ohtapro.co.jp/

横山由依のプロフィールはこちらです!

名前:横山由依(ゆいはん)

生年月日:1992年12月8日生まれ
出身地:京都府出身
血液型:B型
身長:158cm
所属グループ:AKB48チームA
ニックネーム:ゆいはん

横山由依ちゃんは「AKB48第六回研究生」のオーディションに合格し、AKB48の一員になりました。それ以前にSKEの二期生オーディションやAKB48第五回研究生(8期生)のオーディションに挑戦していることから、アイドルになりたいという熱意を感じますね。

9期生は加入当初から次世代を担う黄金世代としてファンの間でも高い期待を寄せられていました。その中でも横山由依ちゃんは最も早い2010年10月に正規メンバーに昇格し、チームKに所属します。

2012年にはチームAへの移動とNMB48の兼任が発表されました。一生懸命で頑張り屋の横山由依ちゃんですが、さすがにこの時は疲労困憊していたようです。

NMB48との兼任解除後に行われた「AKB48 32ndシングル選抜総選挙 ~夢は一人じゃ見られない~」では自己最高の13位となります。この2か月後、チームAのキャプテンだった篠田麻里子ちゃんから次のキャプテンとして指名されました。

2014年には初代AKB48総監督の高橋みなみちゃんから次期総監督に指名されました。先輩方からキャプテンや総監督に指名されたことからも、メンバーからの信任が厚いのではないでしょうか。

2019年3月に総監督を15期生の向井地美音ちゃんに引き継ぎました。2020年7月現在で27歳という年齢を考慮すると、アイドルAKB48から卒業して歌手や女優など次のステップに進む、あるいは引退しても全く不思議ではありません

横山由依はまだAKB48で活動している?

引用:https://ameblo.jp/

総監督やチームAキャプテンの座は後輩に譲りましたが、横山由依ちゃんはAKB48のメンバーとして2020年も活動しています。

2020年1月の「AKB48劇場元日公演」では、メンバーの一員としてステージに上がりました。

新型コロナウイルスの感染拡大が目立った2020年3月末以降、劇場公演は休止となりました。しかし、OCU48プロジェクトや劇場からの配信などにも参加し、歌声を響かせています。それを見る限り、まだまだ現役で活躍できそうに見えますね。

横山由依の卒業はいつになるか予想してみた!

180530 2360

引用:https://akb48.blog.fc2.com/

AKBグループでは、これまで様々な場所で卒業発表がなされてきました。例えば、大島優子ちゃんは紅白歌合戦で卒業を発表し、SKE48の松井玲奈ちゃんはラジオで卒業を発表しました。

とはいえ、もっとも卒業発表が多いのは劇場公演です。なかでも、メンバーの誕生日を祝う「生誕祭」で発表するケースが目立ちました。

横山由依ちゃんの誕生日である12月8日はAKB48の初公演が行われたAKBにとって特別な日でもあります。

この日は毎年必ず「周年公演」が行われてきました。新型コロナウイルスの感染拡大にもよるのでしょうが、この12月8日が卒業発表日になるのではないかと予想しています。

横山由依の卒業時期をネットでの噂などをまとめ!

2019年に総監督を向井地美音ちゃんに引き継いだ時、ネット上では横山由依ちゃんが間もなく卒業するのではないかという憶測が流れました。

初代の高橋みなみちゃんの場合を考えると、総監督を引き継いだ後はそんなに長く在籍しないだろうと考えるのは自然なことです。

実際、「Not yet」というユニットで活動した大島優子ちゃん、指原莉乃ちゃん、北原里英ちゃんをはじめとして多くの先輩が卒業したので、横山由依ちゃんもそろそろといわれました。

しかし、2020年7月現在で、いつ卒業するかは全く不透明な状況です。新型コロナウイルスの影響で様々なスケジュールが立ちにくいからでしょう。卒業時期については、もうすこし見極める必要がありそうです。

横山由依の卒業後の進路は女優?

画像

引用:https://twitter.com/

横山由依ちゃんの卒業後の進路は、女優や歌手などが想定されます。2018年に行われたソロコンサート「実物大の希望」では、ソロ曲「月と水鏡」をうたっています。

歌手のCHEMISTRYに触発された横山由依ちゃんはAKBに入る前から歌手になりたいという希望を持っていました。ソロコンサートでは「歌える女優さんになりたい」と明言していることから、歌手と女優の両方を目指しているようです。

AKB48の選抜メンバーとして多忙を極める中でも、ドラマや舞台に出演していた横山由依ちゃん。2019年には向井理さんや田中麗奈さんが出演した『美しく青く』に出演するなど、女優としてのキャリアも積んでいます。

今後は、どちらか一方の道ではなく、女優と歌手の両方の道を進もうとするのではないでしょうか。

横山由依のまとめ

今回は、卒業の話題を中心に横山由依ちゃんについてまとめました。

横山由依ちゃんは2020年もAKBの中心メンバーとして活躍しています。

全盛期、神7とよばれたメンバーは柏木由紀さん以外、全員卒業してしまいました。AKBの魂というべき部分を後輩たちに伝えきるまでは、まだまだ卒業しにくいのかもしれません。

しかし、<span class=”marker”>現在27歳という年齢を考えるとアイドルとしての活動に区切りをつけ、次のステップに進むと考えるのが順当でしょう。

それでも、あえて予想するなら2020年12月8日の「AKB劇場15周年記念公演」で卒業を発表するのではないかと予想します。

歌手としても、女優としても可能性のある横山由依ちゃんの今後の活躍に期待ですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。