SKE48

SKE48林美澪の卒業した小学校や中学校はどこ?性格などのプロフィールまとめ!

2019年12月21日に開催された、SKE48チームE 5th Stage『SKEフェスティバル』公演にて、10期生メンバーとしてお披露目された最年少メンバー・林美澪(はやしみれい)さん。

 

彼女がSKE48に加入して1年ちょっと経ちますが、早くもSKE48の27thシングル『恋落ちフラグ』で選抜入りを果たすなど、実に楽しみな逸材といえますね。

 

さて、そんな林美澪さんですが、先日小学校卒業したとネットニュースで取り上げられ、ファンも彼女に大注目!

 

そこで、本記事では林美澪さんの卒業した小学校やこの春通う中学校、愛用ランドセル、キャラ・性格、歌唱力、キャッチフレーズなど気になる情報をまとめていきます。

 

林美澪のwiki風プロフィール


出典:http://idol.ecob.okinawa/

林美澪さんのwiki風プロフィールはこちらです!

名前:林 美澪(はやし みれい)

生年月日:2009年3月10日 生まれ
出身地:愛知県出身
血液型:不明
身長:150cm
所属グループ:SKE48 10期生
ニックネーム:みーちゃん

以上が、林美澪さんの簡単なwiki風プロフィールとなっています。

 

選抜総選挙などでも途中で若いメンバーが労働基準法によって退席している姿を見ているので、ある程度年長者との年齢差が生じているのは理解していたのですが、まさか、今年小学校を卒業するメンバーがいたとは驚きました。

まぁ、芦田愛菜さんや鈴木梨央さんのように、子役として幼い頃から活躍されているタレントもいるわけですから、今の時代、スキルさえあれば小学生でもアイドルとして活躍できるということなのでしょうね。

 

さて、話を戻しますが、林美澪さんの出身地(地元)は先程ご紹介したとおり愛知県です。

詳しい街まではわかりませんが、栄を本拠地とするSKE48に所属しているところを考えても名古屋市の可能性は十分あるでしょうね。

 

なお、彼女がSKE48のメンバーとなったのは、6年間ダンスをたしなみアイドルに憧れオーディションを受けたことがきっかけ。

気になるダンスパフォーマンスにおける評判もかなり高く、元気いっぱいに見せるパフォーマンスが好感とのこと…

もちろん、荒削りなところはまだまだあると思いますが、磨けば輝くダイヤモンドの原石といったところなのでしょうね。

 

そういえば、彼女のキャッチフレーズも実に小学生アイドルとして可愛らしさを感じさせるものでしたね。

気になるキャッチフレーズがこちら!

『あなたと私を繋ぐ愛のナンバーは?301でみ れ い〜/キラーん♪3(*^0^)1ノ⌒☆』

 

このキャッチフレーズは、動画配信サイト『SHOWROOM』などでも紹介されていますが、ファンの心をくすぐる要素を盛りだくさんに盛り込んだキャッチフレーズですよね。

色々調べてみると公文式などで学習しすでに中学2年・3年レベルの英語や数学を習得したという話も出るほど知的なところも見せているようですし、いろいろファン心理を分析して巧みにキャッチフレーズを考えたのかもしれませんね。

今後も、色んなシーンで彼女の姿は見られると思いますので、大きく光り輝くアイドルとして成長していってくれることを期待しています。

林美澪の性格やキャラクター性を徹底紹介!


出典:http://akbfriend.blog.jp/

最近は乃木坂46や日向坂46に関心が集まっている傾向も伺え、AKB48グループの若い年代のアイドルを知らないというアイドルファンも少なくはないでしょう。

なので、SKE48の最年少メンバー・林美澪さんのことを知らない人も少なくないはず。

そこで、改めて彼女の性格やキャラクター性をご紹介しておきます。

 

まず、筆者が驚いた彼女の性格は、単純に明るくポジティブシンキングな部分で留まらず、松井珠理奈さんや須田亜香里さんなどSKE48を代表とする大先輩のメンバーたちを前にしても、堂々と受け答えする度胸の良さが垣間見られます。

何でも、松井珠理奈さんがSKE48卒業直前に行われた須田亜香里さんを含めた3人のていだんで、二人を前にセンターに立ちたいと堂々と宣言したというのだから、実に肝が座った将来を期待できるメンバーですね。

 

どことなくあどけなく可愛らしい12歳の表情と、元気いっぱいなダンスパフォーマンスに度胸の座ったメンタリティが組み合わさリ、ファンのハートを鷲掴みしていくムードメーカーキャラとして今後も大活躍していくことでしょう。

今の時代、何かと混沌とした社会が蔓延しているだけに、新たな世代を導くアイドルの代表として、多くの人達を明るく元気にしていってほしいと、アイドル・林美澪さんの活躍を楽しみにしています。

林美澪の出身小学校や通学中の中学校は?


出典:https://www.tokyo-sports.co.jp/

SKE48のメンバーである林美澪さんが最年少とネットニュースでも取り上げられていますが、彼女の生年月日は先程wiki風プロフィールでもご紹介したとおり、2009年3月10日なので、現在12歳。

ネット上では出身中学や通学中の中学校を知りたいという声も多く聞かれますが、まだ今年の春に卒業したばかり…

今年の4月から新中学1年生になるので、出身小学校はまだしも、中学校に関してはどこに通うのかはっきりした情報は何一つないのが当然。

 

さて、肝心の出身小学校ですが、残念ながらどこにも情報はありませんでした。

一応、ネットニュースなどでは卒業式に袴を着て出席とありますので、筆者個人の推測としては、名古屋市のどこかではないかという気はしますが…

まぁ、通っていた小学校など情報が漏洩してしまうと、一気に野次馬が学校に押し寄せてしまい、他の生徒に迷惑がかかってしまうので公開はされていないのは仕方ないことです。

 

ちなみに、この春通う中学校についていですが、一部では芸能系に協力的な堀越中学校・日出学園中学校などを有力視している話も耳にしますが、林美澪さんは愛知県名古屋市栄を本拠地とするSKE48に所属するアイドルです。

どう考えても東京に拠点を移すことは無いでしょう。

 

愛知県に芸能系に協力的な私立中学があるかないかはっきりしておりませんが、おそらく私立系の中等部に入り、そのまま高校もエスカレーターで進学という形になるのではないかと思いますよ。

ただ、中学・高校と多感な時代に、芸能と学業を両立するのはかなり難しいことだと思いますし、もしかしたら、どこかの期間で芸能活動を一部セーブするなんてこともあるかもしれません。

そういったところも含めて、林美澪さんの今後の活動を暖かく見守ってあげたいものですね。

林美澪が愛用していたランドセルは?


出典:https://twitter.com/

今の時代、いろんなカラーのランドセルが登場し、男子が黒・女子が赤という時代は完全に終焉を迎えていますよね。

それだけに、SKE48・林美澪さんが愛用していたランドセルがどんなカラーでどのメーカーのランドセルなのか気になるというファン心理があるのもわかる気がします。

 

そこで、色々調べてみたのですが、意外というか、紫といったシックなカラーのランドセルを愛用していたことが判明!

流石にメーカーまではわかりませんでしたが、自身の愛用しているランドセルを5年生当時の最後のブログとして公開していました。

 

その画像がこちらです!


出典:https://twitter.com/

 

さすが、アイドルとして活動している子だけあって、シックなカラーのランドセルでも可愛らしく身に着けていますよね。

人とは違う個性を持ち、それをうまく表現する姿を垣間見た気がしますし、こういった些細なこともセンスとして取り入れ、芸能界で華々しく光り輝くアイドルとして成長していってほしいです。

林美澪の歌唱力は?


出典:http://www.ske48matoeme.com/

林美澪さんといえば、やはりダンスパフォーマンスに注目しがちですが、アイドルである以上、歌唱力もそれなりにないと、センターに立つのは難しいと思います。

では、実際のところ、彼女の歌唱力はどれくらい高いのでしょうか?

 

色々調べてみたのですが、ソロとして歌っている動画が無いので、厳密に度のレベルにあるかは測りかねるのですが、筆者の個人的な見解で意見を言わせていただくなら普通レベルといった感じを受けています。

もちろん全体的に楽曲を聴いての判断となりますので、多少曖昧な意見となってしまいますが、他のメンバーと比較して格段にうまいかと言われたら疑問符はどうしても残りますし、だからといってレベルが低いとも思えません。

 

あくまで、普通レベルと位置づけるのが妥当かと筆者は判断します。

ただ、林美澪さんはまだ12歳です。

 

これからグングン伸びていくのは間違いありませんし、将来、得意なダンスパフォーマンスと融合し、誰からも歌って踊れるアイドルとして絶賛されたときに、どのような感動を与えてくれるのか非常に楽しみです。

なので、まずは暖かく長い目で彼女の成長を見守りたいと思う次第ですね。

林美澪のまとめ

さて、今回は、SKE48の最年少メンバー・林美澪さんの出身地(地元)や性格・キャラクター性、出身小学校・中学校、愛用ランドセル、歌唱力、キャッチフレーズなど、様々な観点から、彼女の魅力をまとめました。

 

正直な意見を言わせていただくなら、今回記事を執筆しながら林美澪さんに対して『松井珠理奈再来』といった印象を受けました。

 

まだ12歳の林美澪さんが、大先輩を前に堂々とした受け答えができ、それでいて圧巻のダンスパフォーマンスも見せてくれる…

 

それに、加えて歌唱力がついてきたら、SKE48のセンターとして君臨するのは夢じゃありません。

ぜひ、SKE48を牽引するメンバーになれるよう成長を遂げてほしいですね。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。