坂道シリーズ

欅坂46を脱退した平手友梨奈が〝卒業〝をしなかった本当の理由

『サイレントマジョリティー』を皮切りに『ガラスを割れ』など、クール系路線のアイドルソングをリリースし、スマッシュヒットをこれまで立て続けに巻き起こし、話題の渦中にいるアイドルグループ・欅坂46

その独特な存在感と若者から多く共感を得る欅坂46の、ヒットソングはこのグループのカリスマ的存在である平手友梨奈の存在によるパフォーマンスや表現力が大きく、その存在感は圧倒的なものだ。

『角を曲がる』のソロ曲では、これまでの平手友梨奈の存在全てを語りきるように歌い切り、東京ドームラストの観客のオーディエンスを一挙に大歓声へと変えた。

 

兼ねて、大きな期待を受けてきた平手友梨奈が電撃的な脱退劇場を繰り広げたのも記憶に新しい。平手友梨奈の体調面には大きな懸念が存在した、しかし平手友梨奈の不調はかなり以前からのものだった。

本記事では、欅坂46のカリスマと呼ばれた『平手友梨奈』について本日までの経緯、そしてその誰しもが理解できなかった平手友梨奈の心の奥に眠る心の奥の想いを語っていきたいと思う、平手友梨奈の卒業ではなく何故脱退を選ばなければならなかったのか。
そして本当に平手友梨奈が欅坂46を辞さなければならなかった理由についても語っていこうと思う。

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。