乃木坂46

清宮レイは英語力高く器械体操が得意なアイドル!出身中学やみかんの食べ方も徹底調査!

帰国子女でアクロバティックな動きが得意な乃木坂46の4期生メンバー・清宮レイさん。

ネット上でも、彼女の英語力や運動神経・柔軟性が披露されたり、キッズ・みかんという関連ワードでファンが盛り上がったりしていますよね。

 

それだけ彼女が個性豊かなメンバーであることの証ですが、一部では出身地がアメリカという謎の噂も囁かれているらしく、気になる点も多数あります。

そこで、本記事では、乃木坂46の4期生メンバー・清宮レイさんの出身地および出身中学、英語力・キッズと呼ばれている理由やみかんとの関連性をwiki風プロフィールと共にまとめていきます。

 

清宮レイのwiki風プロフィール

清宮レイ wiki風プロフィール
出典:https://realsound.jp/

清宮レイさんのwiki風プロフィールはこちらです!

名前:清宮 レイ(せいみや れい)

生年月日:2003年8月1日生まれ
出身地:埼玉県出身
血液型:O型
身長:162cm
所属グループ:乃木坂46 4期生
ニックネーム:キッズ、レイちゃん、れいれい

以上が、清宮レイさんのwiki風プロフィールです。

 

何よりも彼女の魅力は、他の同期メンバーから『キッズ』と呼ばれてしまうほど笑顔が素敵で天真爛漫な性格の持ち主という点に尽きますね。

ただ、そんな清宮さんも、一度スイッチが入ると猪突猛進のごとく全力で物事に向き合います

 

それは、バラエティ番組で行われたマリオカート対決一つにおいても言えることで、器械体操をやっていたこともあるのか、意外と体育会系なところを持ち合わせ負けず嫌いな一面も持っているみたい・・・

まぁ、その姿勢は良いことであり、だからこそ、彼女は国民的アイドルグループ乃木坂46のメンバーになることが出来たのでしょう。

今後もアイドルの一人として、多くのファンを素敵な笑顔と天真爛漫さで魅了しつつ、何事においても本気で取り組み大きく成長していって欲しいと期待しています。

出身地はアメリカ?埼玉?どっち?

清宮レイ 帰国子女
出典:https://aidoly.net/

ネット上で、清宮レイさんのことを調べてみると、やたら出身地を気にする話を多く目にします。

先ほどもご紹介したとおり、彼女の出身地は埼玉県熊谷市なのですが、何故かアメリカ出身という噂まで飛び交っているのだからビックリ!

 

まぁ、その気持ちも少しは理解できます。

というのも、彼女の英語力がずば抜けて高く、流暢に話せている姿を見てもアメリカ出身の帰国子女ではないかと思えてしまうんですよね。

だから、埼玉県出身が間違いではないかと勘ぐっているネットユーザーが増えてしまっているのでしょう。

 

また名前も『レイ』とカタカナ表記だから、余計に変な勘ぐりが入ってしまうのかもしれません。

ただ、清宮レイさんは、間違いなく埼玉県熊谷市出身(生まれは熊本県)であり、アメリカ出身というわけではありません。

 

英語が流暢に話せるのは、小学校1年生から約5年間、父親の仕事の都合もあって、アメリカ・サンフランシスコで生活していたことがあったらしく、その頃に英語を覚えて流暢に話せるようになったためとのこと・・・

彼女が帰国子女であることに変わりはありませんが、だからといってアメリカ出身ではないことだけは紛れもない事実です。

出身中学は熊谷市立富士見中?

清宮レイ 中学
出典:https://nationaltcc.org/

清宮レイさんが帰国子女なのは先ほどお話ししたとおりですが、中学入学の頃には日本で生活していたわけですし、当然中学は日本の中学校に通っていました

では、清宮さんの出身中学はどこなのでしょうか?

いろいろ調べてみた結果、一部情報で熊谷市立富士見中学校という情報を目撃!

 

そもそも、彼女は器械体操をたしなんでいたことがあり、熊谷市の中学で器械体操部があるのは、熊谷市立富士見中学校だけであるため特定出来たようです。

しかも、生徒会長を務めていたというのですから驚きですよね。

 

まぁ、公表されている話ではないので憶測の部分も色濃い話だとは思うのですが、少なくとも生徒会長を務めていたという話は、彼女自身が公表している話なので事実と見て間違いないでしょう。

清宮さんは、器械体操をやっていてそれなりに運動神経も高く、それでいて流暢に英語が話せて生徒会長までやっていたというあらゆる才覚を持ち合わせているアイドルです。

それだけに、今後、乃木坂46のメンバーとして、さらに光り輝いていくことを期待しています。

英語力は中学で英検準1級レベル

清宮レイ 英語
出典:https://twitter.com/

清宮レイさんは小学校時代にアメリカ・サンフランシスコで生活していたことがあり、本場のネイティブな英語に慣れ親しんできました。

そのため、中学時代に英検準1級レベルを獲得し、バラエティ番組『乃木坂工事中』でも、他の乃木坂メンバーや、バナナマンの二人にその英語力を存分に披露されています。

そのほかにも外国人相手に英語でペラペラ会話していましたし、これらの映像を見ただけでも、彼女の英語力の高さがうかがえますね。

 

ちなみに、英検準1級レベルというのは、大学中級程度で語彙力も7500~9000語を身につけていなければいけないレベルらしく、中学で準1級レベルを取得するのはかなりの難関とも言われています。

なので、純粋に清宮レイさんの英語力が高いということは、単純に彼女が話す英会話以外でも証明されているというわけ。

 

やはり、環境になじむというのは語学力においてかなりの効果をもたらすんですね。

もちろん現地に行っても全く会話しなければ全く語学力は上がりませんが、『習うより慣れよ』とはよく言ったもんだと、清宮レイさんの語学力を調べながら痛感した次第です。

みかんの食べ方が面白い!

清宮レイ みかん
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

普通、みかんを食べる際には、薄皮を剥がすことはあったとしても大体一房を一口で食べるのが一般的ですよね。

ところが、清宮さんのみかんの食べ方は実に独特で、一房のみかんを何口も分けてじっくり味わいながら食べるのです。

仲の良いメンバーも、その食べ方にはイラッときてしまうことがあるらしく、できれば直して欲しいという声も上がっているんだとか・・・

 

ただ、それも他のメンバーの目線に立った意見に過ぎず、清宮さん本人としては、

『一口でみかんを食べてしまうのはもったいない!』

と考えて食べている訳だから、まぁ、それも一つの食べ方として容認してあげるしかないでしょう。

 

あくまで筆者目線で意見を述べるなら、実にユニークな発想で、わざわざ一口で食べられるものを時間かけて食べるという思考が実に面白いなぁと思いましたけどね。

こういった『みかん』へのこだわりも清宮さんの魅力と言えるでしょう。

ぜひ、今後もいろんな個性を発揮し、多くのファンに清宮さんの魅力を届けていって欲しいと願っています。

清宮レイのまとめ

清宮レイさんは、みかんの一房を何口かに分けて時間をかけながら食べたり、天真爛漫で時折スイッチが入ると全力疾走したりと、とにかくユニークな個性を持つ乃木坂46メンバーだと、改めてわかりました。

 

その上で、ずば抜けた英語力や器械体操で培った運動神経の高さなど、ポテンシャルの高さもうかがえ、今後、ますます魅力高いアイドルとして成長していくことでしょう。

 

ぜひ、ファンの期待に応え、将来、乃木坂46のセンターを担えるようなアイドルへと成長していって欲しいと期待しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。