けやき坂46

日向坂46の歴代の冠番組を振り返る!相性の良いMC芸人は誰?

けやき坂46時代から、様々な冠番組を経験してきた日向坂46。現在「日向坂で会いましょう」、「HINABINGO」が放送中です。

 

欅って、書けない?」や「KEYABINGO」、「ひらがな推し」など冠番組を振り返り、当時のメンバーはどんな感じだったのか、その成長を再確認するのも面白いはず。

 

またラジオ番組まで範囲を広げ、どの芸人さんと相性がいいのか、ランキング形式で紹介!それなら見てみよう、聴いてみようと思っていただければ幸いです。

 

今回は、これまでの冠番組の振り返り、そして、相性のいい芸人さんは誰か、そのあたりを掘り下げていきます。

 

日向坂46が最初に出演した番組

出典:http://i2.wp.com

日向坂46は、元々けやき坂46としてデビューし、最初に出演したのは、「欅って、書けない?」です。

 

長濱ねるちゃんがメンバーを紹介する形で1期生が紹介されていきますが、最近日向坂46を知った人がこの当時のけやかけを見たら腰を抜かすほど驚くはず。

 

まずスタジオの空気が重いこと、メンバーの魅力が十分伝わり切ってないなど、日向坂で会いましょうのあの空気感と全く違うことが分かります。

 

東村芽依ちゃんは今と比べて全然幼さがなく、むしろ昔の方が年相応な感じすらします。メイクなどの腕も今と昔では比べ物にならないというのもあるのでしょう。

 

けやき坂46の2期生もけやかけが初出演で、この時も空気感は重く、ハッピーオーラという感じはあまり見られませんでした。

 

「ひらがな推し」が始まり、段々と自分たちのキャラクターなどを気兼ねなく出せるようになってから、けやき坂46の快進撃や日向坂46としての活躍が始まることになります。

 

いかに冠番組が大事であり、MCとの相性が重要なのか、日向坂46の成長を見ると、そんな感じがしてなりません。

日向坂46初めての冠番組は?

2018年4月、ひらがな推しKEYABINGO4がスタートし、実質的にこの2つが初めての冠番組ということになります。

 

ひらがな推しが始まった当初は、ひらがなけやきが優遇されているとか、誰が見るんだろうなどと、やや冷めた意見が目立ちました。

 

MCがオードリーとなったことで、この意見はすぐに消え、いったいどんな番組になるのかと期待感がネット上などで高まっていきます。

 

ひらがな推しが面白い!今までの名企画&迷企画は?オードリーとの関係性って?【けやき坂46】2018年4月に始まったけやき坂46の冠番組「ひらがな推し」ですが、回を追うごとにその評判は上がってきている状況です。 メ...

 

一方、KEYABINGO4は、前作のKEYABINGO3で漢字欅とひらがなけやきが合同で出演し、その時にMCのサンドウィッチマンと共演しており、期待感が先行

 

企画自体もこれまで本家AKBINGOなどでもやっていた企画が行われ、新たなメンバーの魅力が出てくるなど、最後まで安定感は変わらず。

 

ひらがな推しは、当初オードリーとメンバーの距離感が多少あったものの、それぞれが距離感を詰め、お互いのことを知ろうとする気持ちがあったことで、雰囲気は一気に変わります。

 

メンバーがオードリーのラジオを聴き、オードリーもメンバーが出演する番組を見てその時の様子をいじるという構図が出来たことで、面白さがどんどん増しました。

 

ひらがな推しとKEYABINGO4、この2つの存在は当時のけやき坂46にとって、間違いなく財産になったことと言えるでしょう。

日向坂46と相性のいい芸人はこの人!

これまでに様々な芸人さんと絡み、日向坂46メンバーの魅力が引き出されていきましたが、ここでは、相性がいい芸人さんをランキング形式でご紹介します!

第3位 はんにゃ金田さん

出典:https://livedoor.blogimg.jp

毎週月曜日午後4時40分からNHK-FMで放送されている「はんにゃ金田と欅坂46と日向坂46のゆうがたパラダイス」で共演するはんにゃ金田さん。

 

天然ぶりを発揮するメンバーをそのまま受け止める一方、金田さん自らも時折天然ぶりを見せてしまい、いい意味で対等なやり取りが行われています。

 

金田さんが小学生の男子のように、メンバーをいじり、それがメンバーの素を引き出し、自由な空気感を醸し出しており、かなりの高評価をネット上でも示しています。

第2位 オテンキのりさん

出典:http://i0.wp.com

日向坂46の加藤史帆ちゃんが出演する「レコメン」、加藤史帆ちゃんは毎週火曜日午後11時45分あたりから出演しています。

 

オテンキのりさんと日向坂46は、ローソンのイベントで何回か共演する一方、レコメンに日向坂46メンバーがゲストで登場し、軽妙なトークを繰り広げます。

 

先日は「日向坂祭り」として、月曜日に渡邉美穂ちゃんと富田鈴花ちゃん、火曜日にレギュラーの加藤史帆ちゃん、高本彩花ちゃん、佐々木久美ちゃん、水曜日に丹生明里ちゃんと井口眞緒ちゃんが出演。

 

3つの曜日で距離感や接し方が異なり、こちらも小学生の男子のような振る舞いを見せ、ファンにとって幸せな時間を提供していました。

第1位 オードリー

出典:http://livedoor.blogimg.jp

お気づきの方もいるでしょうが、日向坂46は全体的に高嶺の花っぽい印象があり、そこにおっかなびっくり絡んでいく小学生の男子的なキャラの人と相性がいいです。

 

その中で最たる例がオードリーのお2人。キン肉マンたとえでメンバーをポカンとさせて2人とスタッフだけ笑う光景は、「ひらがな推し」の定番でした。

 

最近は春日さんの地元にある「エミール」など、ラジオを聴く人しか知らない情報を積極的にメンバーが取り上げて、2人が困惑する光景が新たな定番です。

 

先日の明石家紅白では、明石家さんまさんに臆することなく向かっていく姿を見せた日向坂46のメンバー。その過程には、複数の芸人さんがいることをお忘れなく。

日向坂46はツッコミタイプと相性がいい?

日向坂46は、基本的にボケの人が多く、やってることはみんなボケみたいなことがあるなど、ツッコミ甲斐があるグループです。

 

2019年4月より放送されたHINABINGOでは、吉本新喜劇の座長を務める小藪さんとの相性が良く、回を追うごとに評価を上げていきました。

 

キュンが発売された時にテレビ東京で放送中の音楽番組「プレミアMelodiX!」に出演した際、南海キャンディーズの山里さんとの相性もいいものがありました。

 

もし今後新たな冠番組ができるとすれば、ツッコミタイプでありながら、愛情が見られる芸人さんが務めることを願いましょう。

日向坂46のまとめ

冠番組を振り返ってきましたが、日向坂46のどの冠番組もおおむね高評価であるとともに、当初は不安視されていたというのが傾向としてあります。

 

未知数な部分が強く、果たしてMCの芸人さんにハマるのか、ファンは誰しもが不安になりますが、それを乗り越えてきた歴史とも言えます。

 

1期生はデビューして3年、2期生はまだ2年足らず。上村ひなのちゃんに至っては1年経っていないのに、モノボケで小藪さんを笑わせる才能があるなど、未来は非常に明るいことが言えます。

 

次はどんな芸人さんとの出会いがあるのか、それを考えるだけでも楽しいですし、無数の可能性があることを感じさせ、今後が楽しみでしょうがありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。