日向坂46

日向坂文庫スタート!特典やメンバーラインナップを全部まとめて紹介!

2021年2月1日より、日向坂46光文社文庫のコラボ企画『日向坂文庫2021 冬の書店デート』がスタート

 

過去には先輩グループである乃木坂46が『乃木坂文庫』として、数回に渡って、コラボをしていましたが、2021年冬は日向坂46が抜擢されました!

 

日向坂46では普段から仲の良い宮田愛萌さん小坂菜緒さん読書家として知られていますし、他にも本を読む人はいるようです!

 

大学(2021年2月時点)で古文を学んでいる宮田さんは短編小説集『最低な出会い、最高の恋』に『羨望』という作品を執筆し、小説家としてデビューしています。

 

小坂さんは、有料メッセージやブログなどで好きな作品を紹介すると、インターネット上では、すぐに「どんな作品なのか気になる!」と言った声が多く上がるなど、影響力の強さを感じます。

 

そんな2人を擁する日向坂46と本の親和性は高いのではないでしょうか。

気になる特典や、ラインナップ。更には今回のラインナップのレビューなども調べてみました!

 

日向坂文庫!どんなフェア?

日向坂46と光文社文庫がコラボレーションした企画は『日向坂文庫2021 冬の書店デート』と銘打ち、日向坂46のメンバーと書店に行きませんか?といった内容です。

 

大型書店などの一部店舗には各メンバーの等身大パネルが展示されているので、メンバーと一緒に書店に行っているような気分になれるかもしれませんね!

 

また、光文社文庫の22作品を日向坂46の各メンバーの撮り下ろしスペシャルカットが表紙になっています!なくなり次第で終了との事なので、終わってから欲しくなっても、入手困難になっている可能性も!

 

本屋さんによってはすでに売り切れているものもあるそうなので、急いでGETしないと手遅れになりそうです…!

日向坂文庫の気になる特典は?

今回のコラボ企画、果たしてその気になる特典は何なのか!調べてみたところ、以下の3つでした!

 

スペシャルカットが表紙に!

ニットやマフラーなど、冬の装いで、柔らかく微笑むメンバーが各作品表紙を飾ります!待ち合わせの場面を彷彿させるようなスペシャルカットに思わず、息を飲んでしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

さらに裏表紙も各メンバーのカットが使用されます!こちらはネット上で公開されていないので、購入した方のお楽しみ!

特別しおりでは全身写真も見れるので、女性の方はコーディネイトの参考にもなるかもしれませんね!

 

購入者限定プレゼントキャンペーン!

日向坂46メンバー22人の「オリジナル図書カードNEXT」(500円分 × 4枚)セットが抽選で200名の方に当たります!

200名は、かなり厳しいですし、本の帯にある応募券を郵送と多少、手間はかかりますが、それに見合う希少性のあるプレゼントですね!

こちらはサンプルしか公開されていないので、実際の図書カードNEXTがどういったものになるのかは乞うご期待!

 

日向坂文庫全22巻セット ※ネット書店限定

日向坂46のメンバーが表紙になった22作品をネット書店では全巻セットで購入することができます、が!すでにどのネット書店も全て売切れていて、人気のすごさがうかがえます…!

以下、各ネット書店の紹介と2021年2月1日時点の取り扱い状況です。

Amazon
現在、在庫切れ。再入荷未定

e-hon
現在、入荷予約受付中

HMV&BOOKS -online-
現在、注文不可

7net shopping
現在、予約受付終了(再開の可能性あり)

TOWER RECORDS ONLINE
現在、オンラインショップ取扱なし

honto
現在、入荷予約受付中

Rakutenブックス
現在、注文不可

ネット書店によっては次回の入荷がありそうなところもあるので、早めに予約をしておいた方が確実ですね!あとあと、ブックオフを回ったり、ネットで古本で出たりしないか、散々探すことにもなり得ますよ!

「いや、今すぐに全巻欲しい!」という方は、本屋さんに駆け込むことをオススメします!

どの作品の表紙になるの?あらすじやレビューも紹介!

気になるのは誰がどんな作品の表紙を飾るのか!そして、各作品とメンバーはどんな紐付けなのか、イメージしてみるのも面白そうですね!

あらすじも合わせて紹介しますので、ぜひ、参考にしてください!

 

潮紗理菜 × 辻村深月 『クローバーナイト』

小さな会計事務所で働く鶴峯裕は同い年の妻・志保と共働き、四歳の長女・莉枝未ともうすぐ二歳になる長男・琉大を保育園に預け、バタバタの日々を過ごしている。そんな鶴峯家に、ママ友、パパ友から子育てにまつわる難題と謎が押し寄せる! そして事件はとうとう鶴峯家にも――。裕は数々の謎を解き、育児の問題も解決して、家族の幸せを守れるのか!? 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
辻村さんの作品としては珍しく家族をテーマに扱った作品となっていて、辻村さんの作品を読まれた事がある方には若干、物足りない内容のようで、読んだ方の感想は二分しているようでした。家庭をお持ちの方なら尚更共感してしまう作品のようです!

 

影山優佳 × 道尾秀介 『光』

利一が小学生だった頃、仲間といれば毎日が冒険だった。真っ赤に染まった川の謎と、湖の人魚伝説。偽化石づくりの大作戦と、洞窟に潜む殺意との対決。心に芽生えた小さな恋は、誰にも言えなかった。懐かしいあの頃の記憶は、心からあふれ出し、大切な人に受け渡される――。子どもがもつ特別な時間と空間を描き出し、記憶と夢を揺さぶる、切なく眩い傑作長編小説。 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
読まれた方の感想を見てみると道尾版『スタンド・バイ・ミー』と称する方もいて、思わず、ノスタルジックな気分になった方も多かったようですね!青春小説のスカッとした感じは、影山さんの爽やかな印象に通じるかもしれません。

 

加藤史帆 × 宮部みゆき 『刑事の子』

十三歳の八木沢順は、刑事の父・道雄と東京の下町に引っ越した。慎吾という友人もでき新しい生活に慣れたころ、町内で奇妙な噂が流れる。“ある家で人殺しがあった”と。そんな矢先、荒川でバラバラ死体の一部が実際に発見されてしまう。更に、順のもとに事件の犯人を知らせる手紙が!? 刑事の子・順は捜査に乗り出す! 宮部みゆきの初期傑作が装いも新たに登場。 『東京下町殺人暮色』改題 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
描かれている事件自体はかなり凄惨なものですが、キャラクターも魅力的でスラスラ読めるという声も多く挙がっていました!加藤さん以上に魅力的なキャラクターもいるのか!?探してみるのも面白いかもしれないですね!

 

齊藤京子 × 坂木司 『アンと青春』

アンちゃんがデパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めて八ヶ月。販売の仕事には慣れてきたけど、和菓子についてはまだまだ知らないことばかりだ。でも、だからこそ学べることもたくさんある。みつ屋の個性的な仲間に囲まれながら、つまずいたり悩んだりの成長の日々は続きます。今回もふんだんのあんことたっぷりの謎をご用意。待ちに待ったシリーズ第二弾! 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
全体的にほのぼのしていて、読んでいると和菓子を食べたくなる!ほっこりする…、という声が多かったです。登場人物も悪い人がいないので、重たい内容はあんまり…、という方は読みやすいかもしれませんね!2020年の10月には第3段も刊行されたので続きが気になった方はぜひ!

 

佐々木久美 × 吉田修一 『ひなた』

新堂レイは有名ブランドHに就職したばかりの新人広報。彼女は、海で偶然再会した同級生の大路尚純と昨年夏から付き合っている。尚純は大学生。彼が両親と暮らす文京区小日向の家で、兄夫婦が同居をし始めた――。それぞれが関わり合って淡々とした日常を紡ぎだす。お互いに踏み込むことのできない「聖跡」を抱えながらも――。4人の視点で「春夏秋冬」を描き出す。 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
どこにでもあるような家族の日常のように淡々と過ぎていく中で少しづつ明らかになっていく登場人物たちの秘密が明かされていき、驚く読者の方が多く、読後はこの話の続きが気になる!という声が多く見られたので、どんな終わり方なのかも注目です!

 

佐々木美玲 × あさのあつこ 『一年四組の窓から』

中学一年の夏に引っ越すことになった井嶋杏里。転校でなじめない中学の校舎で、使われなくなった教室『1-4』に入った杏里は、市居一真と出会う。杏里に出会った一真は、杏里に絵のモデルになって欲しいと頼む。そこから物語は始まった――。杏里、一真、そして、かけがえのない友だちと家族。悩みながらも成長する十四歳を描いた、あさのあつこの青春傑作小説。 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
元々は進研ゼミの読み物に掲載されていた作品だったこともあり、中学生の友達、恋愛、進路、家族といったリアルな悩みが描かれ、また、若さゆえのストレートな言葉の強さが心に刺さった!という声も見られました。

 

高瀬愛奈 × 長嶋有 『ぼくは落ち着きがない』

両開きのドアを押して入るとカウンターがある。そこは西部劇の酒場……ではなく図書室だった。桜ケ丘高校の図書部員・望美は今日も朝一番に部室へ行く。そこには不機嫌な頼子、柔道部と掛け持ちの幸治など様々な面々が揃っている。決して事件は起こらない。でも、高校生だからこその悩み、友情、そして恋――すべてが詰まった話題の不可思議学園小説が文庫化。 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
細波のような些細な出来事に一喜一憂する、リアルな高校生活が描かれているようで、目立ったドラマや事件が起きると言った内容ではないようです。盛り上がりがなく淡々と過ぎていく内容なので、普段こういった作品を読まない方には新鮮かもしれません。

 

高本彩花 × 知念実希人 『黒猫の小夜曲』

黒毛艶やかな猫として、死神クロは地上に降り立った。町に漂う地縛霊らを救うのだ。記憶喪失の魂、遺した妻に寄り添う夫の魂、殺人犯を追いながら死んだ刑事の魂。クロは地縛霊となった彼らの生前の未練を解消すべく奮闘するが、数々の死の背景に、とある製薬会社が影を落としていることに気づいて――。迷える人間たちを癒し導く、感動のハートフル・ミステリー。 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
「死神」シリーズの2作目ということですが、続きものである事は気にせず読めるようです。主人公の黒猫がかわいい!優しいミステリー!と評される方もいたり、続きを読みたい!という方も多くいますし、高評価の方が多く見受けられました!

 

東村芽依 × 藤岡陽子 『晴れたらいいね』

夜勤中に地震に見舞われ意識を失った看護師の紗穂。気がつくとそこは一九四四年のマニラで、さっきまで病室にいた老女の若き日の姿になっていた! 困惑を抱えたまま、従軍看護婦として戦争に巻き込まれる紗穗。それでも、持ち前の明るさで数々の理不尽に抗いながら、過酷な日々を駆け抜けていく。反戦の意志と、命を背負った女たちのかけがえのない青春が紡ぐ圧倒的感動作。 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
Amazonでは星5つが60%を超え、星1つと2つがゼロとかなりの高評価です。反戦小説として感動した!という声が非常に多く、命や平和の大事さや重みを感じる作品になっているようです。

 

金村美玖 × 赤川次郎 『三毛猫ホームズの証言台』

因縁めいたつながりのある人々が集った〈高原ホテル〉。法廷で決定的な証言をし無罪をもたらした女性と結婚した千葉。大企業の社長令嬢の婿となった記憶喪失の男、辻川。彼の出現により未来を失った安西……。奇しくもホテルに同行した片山刑事たちは、複雑な人間関係が巻き起こす事件に対峙する。そして、ホームズの可愛らしい後輩も登場! 国民的大人気シリーズ第51弾! 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
このシリーズを読み続けている方は、本作が出るまでの数作が物足りなかったようですが、本作は楽しめた!という声が見受けられました!定番のシリーズ作品ですから、手に取りやすいかもしれませんね!

 

河田陽菜 × 相沢沙呼 『ココロ・ファインダ』

高校の写真部に在籍する四人の少女、ミラ、カオリ、秋穂、シズ。それぞれの目線=ファインダーで世界を覗く彼女たちには、心の奥に隠した悩みや葛藤があった。相手のファインダーから自分はどう見えるの? 写真には本当の姿が写るの?――繊細な思いに惑う彼女たちの前に、写真に纏わる四つの謎が現れる。謎を解くことで成長する少女たちの青春を、瑞々しく描く。 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
主人公4人の心理描写がとても丁寧に描かれていたことや、写真部というだけあって、カメラの知識が豊富なところを評価されている方が多い一方、イマイチ、ハマりきれなかったという方もいらっしゃったようです。

 

小坂菜緒 × 誉田哲也 『世界でいちばん長い写真』

人気者だった親友の洋輔が転校してから、宏伸の毎日は冴えない感じだ。特にやりたいこともなく、クラブ活動の写真部でも、部長からしかられてばかり。そんなある日、祖父の古道具屋で、大砲みたいにごつい不思議なカメラに出合う。世界一長い写真が撮れるカメラって!? その日から、宏伸の日常がきらめき始める。ワクワクして胸にジンとくる、青春小説の新たな傑作! 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
『ストロベリーナイト』などを始めとするハードボイルドものが多く、青春小説に驚いた方もいたようです。一気読みしてしまった!という方も多いですし、レビューなどで前知識は入れずに読んで欲しい!という方もいらっしゃるくらいハマった方もいたので、スカッとしたい方にはおすすめかもしれませんね!

 

富田鈴花 × 似鳥鶏 『100億人のヨリコさん』

貧乏極まり行き場を失くした小磯は、学生課で寮費千三百円という怪しげな「富穣寮」を紹介される。大学キャンパスの奥の奥。そこでは、変人の寮生たちが奇妙な自給生活を繰り広げていた。しかも部屋には、夜な夜なヨリコさんという「血まみれの女」が現れるという。ヨリコさんの正体を解き明かそうとする小磯は、やがて世界の存続をかけた戦いに巻き込まれていく! 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
ノリと文体に慣れるのに時間がかかったという方もいたので、癖が強めの文体のようですね。(似鳥さんの持ち味なようです。)キャラが個性的でぶっ飛んでいるということなので、どこかしら富田さんに通じるものがありそう!

 

丹生明里 × 矢崎存美 『ぶたぶた図書館』

本好きの中学生・雪音と市立図書館の司書・寿美子は、「ぬいぐるみおとまり会」実現に奔走していた。子供たちのぬいぐるみを預かり、夜の図書館での彼らの様子を撮影して贈る夢のある企画だ。絵本を読んだり、本の整理をして働くぬいぐるみたち。ポスター作りに悩む二人の前に、図書館業界では伝説的存在(?)の山崎ぶたぶたが現れて……。心温まる傑作ファンタジー。 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
ぶたぶたシリーズとして30作ほど出ているうちの一作で、このシリーズ自体のファンの方も多くいるようです。どの作品も心を優しくしてくれるとの声があったので、こちらも丹生さんのほんわかしたイメージにぴったりですね!

 

濱岸ひより × 東川篤哉 『学ばない探偵たちの学園』

私立鯉ヶ窪学園に転校した赤坂通は、文芸部に入るつもりが、何故か探偵部に入部してしまう。部長の多摩川と部員・八橋とともに部活動に励むなか、学園で密室殺人事件が発生! 被害者は、アイドルを盗撮しようとしたカメラマン。妙な名前の刑事コンビや、個性派揃いの教師たちが事件をかき回すなか、芸能クラスのアイドルも失踪! 学園が誇る探偵部の推理は!? 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
『謎解きはディナーのあとで』シリーズなどで有名な作家さんなので、ご存知の方も多いと思います。ミステリーではあるものの、魅力的なキャラクターに、思わず笑わせられてしまう文章で、読みやすさは高いと思います!

 

松田好花 × 福田和代 『群青のカノン』

航空自衛隊音楽隊でアルトサックスを担当する鳴瀬佳音。陸海空自衛隊合同コンサートに出演するため浜松にやって来た彼女たちは、あるモノをバスに隠してリハーサルへ。ところが、そのバスが駐車場から消えてしまう!?(「希望の空」)そして、腐れ縁の渡会三曹との恋に問題が! いつもトラブルを呼ぶ佳音が仲間たちと日常の謎を解き明かす、音楽青春ミステリシリーズ! 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
主人公である佳音のゆるさやチャーミングさに爽やかに読める!という声や、進展しそうでしない恋模様に、思わずツッコんでしまう読者の方が多かったようですね。こちらシリーズものだそうなので、1作目からの方が話についていきやすいかもしれません。

 

宮田愛萌 × 門井慶喜 『おさがしの本は』

和久山隆彦の職場は図書館のレファレンス・カウンター。利用者の依頼で本を探し出すのが仕事だ。だが、行政や利用者への不満から、無力感に苛まれる日々を送っていた。ある日、財政難による図書館廃止が噂され、和久山の心に仕事への情熱が再びわき上がってくる……。様々な本を探索するうちに、その豊かな世界に改めて気づいた青年が再生していく連作短編集。 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
図書館司書の方々の苦労や現状が知れたりするので、図書館好きの方にはより楽しめる作品のようです。また、誘拐も殺人もありませんが、しっかりとした謎解きで楽しめる、という声もあり、ミステリー好きの方はより一層、楽しめるようです。

 

渡邉美穂 × 成田名璃子 『東京すみっこごはん 雷親父とオムライス』

年齢も職業も異なる人々が集い手作り料理を食べる“共同台所”には、今日も誰かが訪れる。夢を諦めかけの専門学校生、妻を亡くした頑固な老人、勉強ひと筋の小学生。そんな“すみっこごはん”に解散の危機!? 街の再開発の対象区域に含まれているという噂が流れ始めたのだ。世話好きおばさんの常連・田上さんは、この非常事態に敢然と立ち向かう! 大人気シリーズ、待望の続編! 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
とても優しい気持ちになれるという声が多く見られました。誰もが口にした事ある、ありふれたおかずにまつわるエピソード。こちらもシリーズものの2作目との事なので、気に入ったら続けて読んでいける作品です。

 

上村ひなの × 金子ユミ 『千手學園少年探偵團』

時は大正時代、東京府――。大蔵大臣・檜垣一郎太の妾の子・永人は、嫡男の“謎の失踪”を受け、急きょ跡継ぎとして名門私立千手學園に放り込まれることに。学園内では妖しげな呪いの噂が流行しており、永人は思いがけず友人たちとその解決に挑んでいく。学園に蔓延る謎を、そして義兄失踪の真相を暴くことができるか? 大正浪漫の香り漂う本格学園ミステリ、ここに開幕! 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
漫画を読んでるようなワクワク感を持って読み進められた!という声がありました。物語全体が短編で作られているようなので、普段、本を読まない方が読み始めるのにちょうどいい内容かもしれませんね!

 

髙橋未来虹 × 藤山素心 『江戸川西口あやかしクリニック』

就活57連敗の七木田亜月は、とある病院事務の募集を見つけた。その名も「あかしや」クリニック。イケメン白衣の院長にエントリーシートを渡されて、トントン拍子に就職が決まったけれど、ハーフかクォーターか聞かれたり、雇用条件が良すぎたりと、なんだかあやしい。と思っていたら、ドアに貼られている病院名が「あやかし」クリニックになっていて――。 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
こちらはラノベ感があって、読みやすいという声が多かったですが、主人公に感情移入できた人とできなかった人で評価は割れるようです。現在、シリーズとして5作目まで刊行されているようなので、人気はあるようですが、レビュー自体は少なかったです。

 

森本茉莉 × 絵空ハル 『神楽坂愛里の実験ノート』

神楽坂愛里は東央大学大学院に通うリケジョ。何よりも努力を尊び、ノーベル賞を目指して道を切り拓いてきた。ある日、同じ研究室の福豊颯太が実験に使うラットが集団死した。感染症の疑いに周りが騒然とする中、真相を突き止めようと、立ち入り禁止の現場に潜り込む……! 踏みにじられた努力と、奪われた命に報いるため、科学を愛する愛里が推理する! 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
作者の絵空さんが理系出身という事で、理系ならではのトリックが楽しめます!理系でなくても楽しめるという声がほとんどでデビュー作とは思えないクオリティと評している方もいました。森博嗣作品が好きな方はハマれるかもしれませんね!

 

山口陽世 × 貴水玲 『社内保育士はじめました』

感情が表に出ないことを揶揄され「お面女」と陰で呼ばれる面井梓咲はある日、社内保育ルームへ異動を命じられることに。感情豊かな子どもたちに戸惑うなか、ひょんなことからイケメンと人気のシングルファーザー・柚原彼方と急接近していく。一方、保育ルームではギャルママ・津谷日菜子の娘が脱走してしまうトラブルが発生し……。 出典:光文社文庫HP

<ネット上のレビュー>
仕事を通して成長していく主人公に、同調や親目線などの感情移入をして読まれた方が多いようです。会社内の力関係などリアルに書かれているようですが、全体的には読後にほっこりした、という方が多かったので、続きが気になったら5巻まで刊行されているので手に取ってみてはいかがでしょうか?

日向坂文庫の紹介まとめ

あらすじやレビューを調べてみると、全体的にとっつきやすく読みやすいラインナップが多そうだなという印象でした!フレンドリーな感じは日向坂46のメンバーに通じるようにも思えます。

 

今回、特典も豪華ですし、本を手にするのにとてもいいきっかけになるのではないでしょうか。

普段から本を読まれる方にとっては、新しい作家さんとの出会いになるかもしれませんし、あまり読まれない方にとっては、読書を始めるいい機会になるかもしれませんね!

 

新型コロナの影響による自粛で、なかなか思ったように外出が出来ない今だからこそ、本の中に広がる世界に身を任せてみるのも楽しいはずです。

日向坂46の映像作品や写真集、どの媒体も最高ですが、推しと同じ本が読める!というこの機会に、新しい世界を覗いてみるのはいかがでしょうか?

以上、日向坂文庫の紹介まとめでした。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。