坂道シリーズ

日向坂46が冠番組で見せるスキルとは?レギュラー出演の神回の内容は?

7月17日にセカンドシングル「ドレミソラシド」を発売した日向坂46。売り上げも好調で、その期待はますます高まっている最中です。

 

そんな日向坂46がレギュラー番組を務めているのが「日向坂で会いましょう」、7月から異例の2クール目に入った「HINABINGO」です。

 

「ひらがな推し」から番組名が変わって3か月のひなあい、毎回が神回と称され、番組休止の際には悲しむ声が出てくるなど、癒しにしている人も多いです。

 

一方のHINABINGOは、当初の懸念がもはや感じられず、毎回MCの小藪さんとどんな絡みになるのか、楽しみという声も聞かれます。

 

今回は、日向坂で会いましょうとHINABINGO、それぞれの番組の面白さについて掘り下げていきます。

 

HINABINGOの初回にとった日向坂46の行動

出典:https://livedoor.blogimg.jp

HINABINGOが放送開始したのは、2019年4月のこと。この時、MCは誰も分からない中、メンバーはMCの予想をして、結果的に小藪千豊さんが登場しました。

 

この時、キャプテンの佐々木久美ちゃんがみんなで挨拶をしようとしますが、これを小藪さんは拒否、ここから緊張感を作り出すはずが、小藪さんの大ファンだった東村芽依ちゃんが号泣することで流れが変わりました。

 

実はみんなで挨拶する光景、「ひらがな推し」の初回でも見ることができ、みんなで深々と挨拶する光景が見受けられます。

 

MCがスタジオに入るたびにちゃんと声を出して挨拶をする様子に、出演者はもちろん、スタッフまで心から応援しようという気にさせるのでしょう。

 

歌番組で共演すれば、全員のサインが入ったCDを、バラエティなどで一緒に共演すれば全員のサイン入りのものをそれぞれ渡すなど、気配りにあふれる日向坂46。

 

挨拶が重んじられる芸能界において、ここまで徹底するアイドルグループはそうなく、日向坂46が業界人の人気が高いのも納得と言えます。

日向坂で会いましょうの伝説的な神回はこれだ!

日向坂46の冠番組である「日向坂で会いましょう」は、4月から放送され、新潟や青森など複数のテレビ局にネットされる番組となりました。

 

ここではこの3か月で放送された日向坂で会いましょうの神回を厳選。あくまでも筆者の独断と偏見ということであしからず。

 

ちなみに「ひらがな推し」の神企画などは過去に紹介しておりますので、気になった方はこちらをご参照ください。

ひらがな推しが面白い!今までの名企画&迷企画は?オードリーとの関係性って?【けやき坂46】2018年4月に始まったけやき坂46の冠番組「ひらがな推し」ですが、回を追うごとにその評判は上がってきている状況です。 メ...

男・春日完全奢り!日向坂46ご褒美BBQバスツアー!!

出典:https://livedoor.blogimg.jp

メンバー全員にバーベキューを振る舞うハメになったオードリーの春日さん。その模様が3週にわたってオンエアされ、かなりの好評。

 

春日さんに内緒で若林さんがモニタリングを行い、一部の日向坂46メンバーを仕掛け人として送り込み、若林さんがムチャぶりを、ただただ、していくという内容でした。

 

若林さんが驚くほどメンバーが忠実に指令をこなし、指令にはなかったこともしながら任務を遂行し、笑いが絶えない企画となりました。

 

3週でもまだまだ濃厚な撮れ高、バーベキュー企画なのに1週目は買い出しの最初で終わってしまう様子にメンバーたちのスキルの高さを感じ取ることができました。

メンバーの意外な一面を発掘しよう!

出典:https://livedoor.blogimg.jp

様々な番組で特技を披露することが多い日向坂46。実はこんな特技もあるというのを自薦他薦問わずに紹介していく企画でした。

 

この中では、加藤史帆ちゃん、高本彩花ちゃん、佐々木久美ちゃんがホームランを打つなど、想像を超える展開にオードリーが笑い転げる場面もありました。

 

結果的にこれがラスト出演となった柿崎芽実ちゃんが、心霊話をしている最中にぶりっ子色の濃いリアクションをとるというのが印象に残ります。

 

これが得意と登場した言い出しっぺより、後に登場するメンバーの方が活躍するという引き出しの多さも大きなポイントです。

HINABINGOの伝説的な神回はこれだ!

基本的に1クールしかやらないHINABINGO、7月から異例の2クール目、「HINABINGO2」が放送されています。

 

この中で放送された記憶に残る回を、こちらも筆者の独断と偏見でご紹介してまいります。

日向坂46日向坂セルフドッキリSP!メンバーが自ら考案し実行

出演:https://livedoor.blogimg.jp

KEYABINGO4でも行われた、メンバーが考えたドッキリを行うという企画で、可愛らしいものを中心に放送されていました。

 

中でも良かったのが、丹生明里ちゃんがドッキリを仕掛けると見せかけて実はターゲットだったという逆ドッキリ

 

苦いお茶を渡邉美穂ちゃんに飲ませてそのリアクションを楽しむはずが、全く苦しまず、かと思えば、急に苦しみがり、丹生明里ちゃんが予想通りのオーバーなリアクションを。

 

知らないところで松田好花ちゃんがそのお茶を飲んでおり、カメラも回っていないのに飲まされるという事件も起きるなど、ハプニング満載な回でした。

ビンゴ目指して日向坂46メンバー大暴れ!

出典:https://gana-john.com

ビンゴに書かれているお題をクリアしてビンゴを完成させようという企画ですが、小藪さんとのコンビプレーなどが見られる回となりました。

 

卓球のラリーでは最後の最後で失敗するもノリでごまかそうとしたり、玉入れでは無理やり入れようとしたりして、「これが日向坂ですわ!」と小藪さん。

 

モノボケで吉本新喜劇の座長を務める小藪さんを笑わそうとするところでは、上村ひなのちゃんが奇想天外なボケを見せ、小藪座長に絶賛される一幕もありました。

 

みんなが楽しそうに企画をこなしていく姿、初回に見られた不安などは全く感じられず、全幅の信頼を寄せていることがよく分かる回でした。

2つの番組から読み取れる日向坂46のスキルとは?

日向坂で会いましょうとHINABINGO、この2つの番組から読み取れること、それはMCの人を理解しようとする姿勢にあります。

 

オードリーの2人が行っているオールナイトニッポンを含め、出演する番組を聴くメンバーが多く、番組グッズを自腹で購入したメンバーも。

 

相手のことを理解しようとし、その人が刺さるであろうものを積極的に投げかけていく姿は、「欅って、書けない?」などではあまり見られませんでした。

 

自分の番組を持つようになり、責任感がより増したことやオードリーの2人がMCになったことで、何をやっても大丈夫という雰囲気の中でできるようになったのも大きいでしょう。

 

メンバーがMCを強めに、内角をえぐるようにいじる姿はとても面白く、どんどんバラエティのスキルが上がっていくことを感じさせます。

まとめ

HINABINGOはおそらく9月いっぱいで終了、NOGIBINGOもしくはKEYABINGOが放送される可能性が高いですが、それまでは全力で楽しみたいところです。

 

日向坂で会いましょうは、メンバーの相関図企画や春日さんの丹生ちゃん推し疑惑の検証企画などまだまだ放送されていない回が目白押し。

 

1時間番組になってほしいと思う日向坂46ファンはかなり多いですが、筆者もその気持ちは同じです。新たな冠番組がもう1つぐらいできることも期待したいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。